ヒットするネーミング

ソラシドエア(宮崎市)は九州・沖縄の地域振興に機体を活用するプロジェクト「空恋~空で街と恋をする~」(以下、空恋プロジェクト)を実施している。2020年10月17日には、大分県南エリアをPRする機体「食♥️おおいた県南うすきつくみきてくださいき号」(以下、うすきつくみきてくださいき号)が運航を開始した。このユニークなネーミングはなぜ生まれたのか。

ソラシドエアの「食♥️おおいた県南うすきつくみきてくださいき号」。同社の全就航路線を飛び回り、大分県南の魅力をPRする
ソラシドエアの「食♥️おおいた県南うすきつくみきてくださいき号」。同社の全就航路線を飛び回り、大分県南の魅力をPRする

前回(第9回)はこちら

 空恋プロジェクトは、ソラシドエアが運航する機体に九州・沖縄の地名などを表示し、その地域のPRに活用してもらおうというもの。1機体1自治体を基本に、1年間、機体に地名、ロゴ、イラストなどを表示するとともに、機内では各自治体が情報誌を置いたり、客室乗務員が独自のエプロンを着用したりするなど、それぞれの方法で特産物や観光地などをPRする。12年に最初の機体が運航を開始し、21年7月現在、28機目から31機目が運行中だ。うすきつくみきてくださいき号は28機目に当たる。

 名前の由来は大分県南部の臼杵市、津久見市、佐伯市の3市の名前を組み合わせたもの。大分といえば別府や湯布院などの温泉で知られており、県も「おんせん県おおいた」を商標登録し、観光資源としてPRに力を入れている。ところが大きな温泉地は県の北部に集中している。「大分空港に降りた人に、どうすれば県南まで足を延ばしてもらえるかが課題だった」と、津久見市観光協会事務局長の紺田猛氏は言う。そのため、3市が連携する日豊海岸ツーリズムパワーアップ協議会(TPU)という組織を通じて共同戦線を張ってきた。

主翼の後方、胴体上部に描かれたロゴと、胴体下部に描かれたイラスト。イラストでは3市のゆるキャラが特産物をアピールする
主翼の後方、胴体上部に描かれたロゴと、胴体下部に描かれたイラスト。イラストでは3市のゆるキャラが特産物をアピールする

知名度の低さが課題

 3つの市には特産の海産物をもつという共通点があり、それをアピールするのが名前の前半の「食♥おおいた県南」の部分だ。機体に描いたイラストも、臼杵市のゆるキャラ「ほっとさん」がトラフグを、津久見市の「つくみん」がマグロを持ち、佐伯市の「佐伯ごまだし大将」が佐伯寿司を薦めるなど、各市のゆるキャラがそれぞれの食の名物をアピールしている。さらに「食を入り口にして、実際に県南に来ていただければ、観光資源も豊富で面白い場所がたくさんある」(紺田氏)。とにかく一度来てもらおうと、県南の広域周遊向けのパンフレットを作成したり、ソーシャルメディア「note」で情報発信したりと、3市連携のプロモーションもTPUを通じて行ってきた。

ドア横に描かれたイラストは特産物がメイン。臼杵市はフグ、津久見市はマグロ、佐伯市はすし
ドア横に描かれたイラストは特産物がメイン。臼杵市はフグ、津久見市はマグロ、佐伯市はすし
3市のゆるキャラ。左から、佐伯市の「佐伯ごまだし大将」は佐伯ごまだしうどんのキャラクターだが、ここではなぜかすし推し。臼杵市の「ほっとさん」は国宝「臼杵石仏」がモチーフ。津久見市の「つくみん」は特産の「津久見みかん」がモチーフ
3市のゆるキャラ。左から、佐伯市の「佐伯ごまだし大将」は佐伯ごまだしうどんのキャラクターだが、ここではなぜかすし推し。臼杵市の「ほっとさん」は国宝「臼杵石仏」がモチーフ。津久見市の「つくみん」は特産の「津久見みかん」がモチーフ

 知名度の低さも課題だった。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
2
この記事をいいね!する