ハウス「夜遅カレー」好発進 ネーミングで食べる時間を訴求(画像)

ハウス食品のカップ入りレトルトカレー「やさしく夜遅(よるおそ)カレー」。開発に約3年かかったというが、2021年2月8日に発売すると、その一風変わったネーミングと製品特性で注目を集めた。「夜遅くに食べるカレー」と、あえてシーンを限定させた理由とは?

1食当たり約120グラム(生換算)の野菜を使用したハウス食品の「やさしく夜遅(よるおそ)カレー」(実勢価格270円前後、税込み)。内容量は1食170グラムあり、食べ応えも十分だが、カロリーは90キロカロリーと控えめ。夜遅い時間に食べても罪悪感を抱かせないのがポイントだ
1食当たり約120グラム(生換算)の野菜を使用したハウス食品の「やさしく夜遅(よるおそ)カレー」(実勢価格270円前後、税込み)。内容量は1食170グラムあり、食べ応えも十分だが、カロリーは90キロカロリーと控えめ。夜遅い時間に食べても罪悪感を抱かせないのがポイントだ

前回(第2回)はこちら

 商品名に時間帯を入れたネーミングは、同社の製品としては珍しい。食品事業二部チームマネージャーの長瀬仁美氏は、「夜遅とは午後9時以降を念頭に置いた言葉。時間帯を限定すると購入していただく人の間口は狭くなるが、私たちがターゲットと考える方々にキャッチーなワードとして響けば、ズバリはまっていただけるのではないかと思ってネーミングした」と語る。

 やさしく夜遅カレーには、さまざまな機能や特長が盛り込まれている。成人1日当たりの野菜摂取目標の約3分の1が取れること。一般的なレトルトカレーが1食180~250キロカロリーなのに対して、約90キロカロリーに抑えていること。具だくさんで、ご飯にかけずに単体で食べても食べ応えがあること。レンジで温めるだけで食べられることなどだ。

【特集】ヒットするネーミング

 ネーミングについては、カレーの試作を繰り返していた当初から、同時並行でアイデア出しをしていった。当初は、たっぷりの野菜が取れることや、満足感のある食べ応え、低カロリーであるといった機能面を訴求した商品名を考えたこともあった。

 「しかし、それでは製品の性格がぼやけてしまう。このカレーは、夜遅く仕事から帰ってきた20~30代の単身女性が、罪悪感を持たずに食べられるレトルトカレーをと考えて開発したもの。商品名としては食事のシーンを明確にするワードでいく以外、考えられなかった」(長瀬氏)

「食器洗いが面倒」の声に応えたカップ容器だったが

現在のラインアップは2種。「まろやか完熟トマト&5種の野菜」(上)は完熟トマトのうまみと甘みが溶け込んでいる。「濃厚あめ色玉ねぎ&ブイヨン」(下)はあめ色玉ねぎの甘みとブイヨンのコクが溶け込む
現在のラインアップは2種。「まろやか完熟トマト&5種の野菜」(上)は完熟トマトのうまみと甘みが溶け込んでいる。「濃厚あめ色玉ねぎ&ブイヨン」(下)はあめ色玉ねぎの甘みとブイヨンのコクが溶け込む

 市販のカレーには大きく分けてレトルトタイプとルータイプがある。近年、家庭のカレー購入額は、レトルトカレーがルーカレーを上回っている。しかし、購買層を調べると、単身世帯の主な購買層は50~60代の男性で、20~30代の単身女性はあまりレトルトカレーを食べていないことが分かった。そうした“カレー空白地帯”の女性たちに食べてもらえれば、レトルトカレーの市場はさらに拡大すると考え、18年春に新製品の開発をスタートした。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
18
この記事をいいね!する