富士通が挑む13万人のDX経営

富士通はDX(デジタルトランスフォーメーション)時代の企業改革の手法として、デザイン思考を全面的に採用した。推進役となるのが社内デザイナーで、デザイン思考を社内に浸透させるためにデザイン組織も見直している。DXは単なるデジタル化ではないと捉え、グループ全社員13万人の意識改革を狙った。

「フジトラ」プロジェクトの社内キックオフの風景。中央が富士通社長の時田隆仁氏で、経営トップが自らプロジェクトの最高責任者を務める
「フジトラ」プロジェクトの社内キックオフの風景。中央が富士通社長の時田隆仁氏で、経営トップが自らプロジェクトの最高責任者を務める

 DX時代の生き残りをかけ、富士通はデザイン思考を活用した「全社DXプロジェクト(Fujitsu Transformation:フジトラ)」を2020年10月から本格的に開始した。デザイン担当の子会社だった富士通デザインには、20年7月に統合したことを機に社内のデザインセンターとしての新たな役割を与えた。

【特集】富士通が挑む13万人のDX経営
【第1回】 13万人がデザイン思考 富士通「全社DXプロジェクト」の全貌 ←今回はココ
【第2回】 富士通のDX担当役員「デザイナーには企業変革のデザインを」

 それが国内外のグループ企業を含めた13万人の全社員にデザイン思考を浸透させることだった。今までの考え方や業務のやり方を見直し、企業文化も変えようとしている。プロジェクトの終了期間は決めてはいないが、23年4月までには成果を出す方針だ。

中核はデザイン思考を熟知したデザイナー

 富士通にとってのDXは、単に社内のデジタル化を強化することではない。先行きが不透明な時代に合わせ、新しい企業に生まれ変わるようにすることが狙い。そのための手法としてデザイン思考を選択した。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
16
この記事をいいね!する