タカラトミー「ボトルマン」が30万個の爆売れ 玩具ヒット&予測(画像)

2021年上半期の玩具分野では、タカラトミーの「キャップ革命 ボトルマン」がシリーズ累計30万個の大ヒットを記録。テレワークをする大人の姿に刺激を受け、同じくタカラトミーのエクセル体験機能が付いた知育玩具「スピカノート」も人気を集めた。下半期は、マスクを“盛れる”「マスクック」(セガトイズ)なども要チェックだ。

※日経トレンディ2021年6月号の記事を再構成

前回(第23回)はこちら

 「他の人気キャラクター商品を完全に食ってしまった」(ビックカメラ玩具担当者)と言わしめるほど、関連する玩具やグッズが飛ぶように売れた「鬼滅の刃」。そんなあまりにも強すぎるキャラクターが2021年上半期の玩具市場を席巻する中、全く知名度の無い新しいキャラクターでありながら、販売数がシリーズ累計30万個という大ヒットを記録したのが「キャップ革命 ボトルマン」(タカラトミー)だ。

 ペットボトルのキャップをキャラクターの本体部分に入れ、ボタンを押すと弾のように発射するシューティング玩具。発売前から情報を小出しにするティーザーを仕込み、SNSで期待感を醸成させたり、オリジナルアニメをYouTubeで配信したりするなど、コロナ禍で体験会などのリアルイベントができない中、ウェブを徹底的に駆使した周到な準備が爆発的ヒットに結び付いた。1993年にタカラトミー(当時はタカラ)が発売して一大ブームを生んだシューティング玩具「ビーダマン」で遊んでいた大人も引き込んだ。

【上半期ヒット大賞】キャップを飛ばすエコ玩具の人気が沸騰
キャップ革命 ボトルマン(タカラトミー)

 20年10月の発売からすぐに火が付き、2週間で出荷分の8割を消化するスピードで累計30万個を販売。キャラクターによりキャップを飛ばす速度が異なるなど、工夫して遊ぶ余地があるのも特徴だ。関連商品を出せば1カ月以内にほぼ完売するほどの人気を集めた。

テレワークを先取り!? エクセル体験機能が付いた知育玩具も

 一方、コロナ禍で玩具ヒットの潮目も変わりつつある。テレワーク拡大の影響を受けて売れたのが、パソコンやタブレットのようなスタイルで使える小学生向けの知育玩具「スピカノート」(タカラトミー)だ。オンラインで在宅勤務や遠隔授業をする家族の姿を見て、タイピングやパソコンに憧れ始めた子供の心を射抜いた。マイクロソフトのワードやエクセルなどの定番オフィスソフトの操作体験ができるという点も、親の財布のひもを緩めた格好だ。

【上半期ヒット】エクセル体験機能が親心をくすぐる
スピカノート(タカラトミー)

 タブレットやパソコンのように使える、知育玩具(税込み1万9800円)。プログラミング教育の必修化やオンライン学習など、子供のITスキルへの意識が高まったことなどが影響し、手に取る親子が続出。テレビでも取り上げられ人気となった。

【上半期ヒット】主人公になりきれる刀が完売状態に
鬼滅の刃 DX日輪刀(バンダイ)

 20年10月31日に発売された「鬼滅の刃」の玩具(税込み6380円)。本体のボタンを押すと、劇中に出てくる数十種類のせりふや効果音を再生する。「発売前から順調に予約が入っていたが、同時期の映画公開のタイミングで人気が爆発し完売した」(ビックカメラ玩具担当者)

(c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
(c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 下半期のブレイク候補では、「新幹線変形ロボ シンカリオンZ」の変形ロボットや、オリジナルマスクを作れる新提案の玩具に注目だ。

【下半期ヒット予測】さらに進化する新幹線ロボット(期待度:★★)
シンカリオンZ(タカラトミー)

 21年4月にテレビアニメの放送が開始された「新幹線変形ロボ シンカリオンZ」の玩具。「今作は武器に変形する在来線も登場し、18年に放送された前作以上のヒットが期待できる」(ビックカメラ玩具担当者)

写真の「シンカリオンZ E5ヤマノテセット」は実勢価格6930円(税込み) (c)プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所Z・TX
写真の「シンカリオンZ E5ヤマノテセット」は実勢価格6930円(税込み) (c)プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所Z・TX

【下半期ヒット予測】10秒でマスクをカスタマイズ(期待度:★★)
マスクック(セガトイズ)

 マスクのデコレーションができるキット。実勢価格は3520円(税込み)。市販のマスクを固定してシールを転写したり、チャームやラインストーンなどのアクセサリーを付けてオリジナルマスクを作れる。サンリオ系やすみっコぐらしのリフィルセットも併売される。

7
この記事をいいね!する