Ado、優里の次は和ぬか? エンタメヒット&ブレイク候補はこれ(画像)

音楽ジャンルで2021年上半期に話題をさらった新星は、「うっせぇわ」のAdoと「ドライフラワー」の優里。下半期はTikTok発の大学生アーティストが、ネクストブレイク候補として注目される。映画ではエヴァンゲリオンの最新作が500万人超を動員。テレビアニメが人気を博した「呪術廻戦」も映画化が決まった。

※日経トレンディ2021年6月号の記事を再構成

前回(第11回)はこちら

 音楽 

 2021年上半期は、全く違う魅力を持つ2人の新星の楽曲が、音楽ストリーミングサービスで軒並みチャート上位に入った。まずは切ないラブソングを歌った優里。もう1人は、「うっせぇうっせぇうっせぇわ」という強烈なサビのフレーズと歌唱力で度肝を抜いたAdoだ。

【上半期ヒット】ストリーミングで男性ソロ最速記録を樹立
優里

 2019年6月からTikTokなどSNSに歌唱動画の投稿を開始。大きな注目を集めた「かくれんぼ」で歌った「彼女」のその後を女性目線で描いた「ドライフラワー」は、男性ソロ歴代最速でストリーミング再生回数2億超えを記録。

シングル「飛行船」を21年4月17日配信リリース
シングル「飛行船」を21年4月17日配信リリース

【上半期ヒット】強烈フレーズで度肝 登録者数は140万超
Ado

 20年10月のメジャーデビュー曲「うっせぇわ」が大ヒット。YouTubeチャンネル登録者数は140万人超え(21年4月中旬時点)。音楽ジャーナリストの柴那典氏は、「幅広い世代に支持されている。社会現象的なヒット」と分析する。

シングル「踊」を21年4月27日配信リリース
シングル「踊」を21年4月27日配信リリース

【下半期ヒット予測】TikTokで注目される謎多き現役大学生
和ぬか

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>