バルミューダ対抗のパナ高級トースターが躍進 家電ヒット&予測10(画像)

家電分野では、コロナ禍で料理をする時間が増えたことで、手間を省ける調理家電が人気を博した。特に大きなヒットとなったのは、パナソニックの高級トースター「ビストロ NT-D700」。2種類のヒーターを搭載し、冷凍パンをおいしく焼けることが支持された。ウイルスを減らす効果があるとうたう空気清浄機や振動が強い小型マッサージ機など、新ジャンルの家電も大きく伸びた。

※日経トレンディ2021年6月号の記事を再構成

前回(第12回)はこちら

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で外食の機会が大幅に減り、料理をすることが自然に増えた。このため2020年には、電気調理鍋やホットプレートなど、手間を省ける調理家電がよく売れた。21年もこの流れは続いているが、目立つのは、より高級でユニークな家電のヒットだ。

 長らくバルミューダの「BALMUDA The Toaster」が君臨してきた高級トースターの牙城を崩したのが、パナソニックの「ビストロ NT-D700」だ。バルミューダのトースターはスチームを使ってパンの中をもっちりさせつつ焼くのに対し、NT-D700は遠赤外線と近赤外線の2種類のヒーターを使い、焦げ目を付けつつ内部も温める。

 厚切りのパン、特に冷凍パンでこの2種類のヒーターが威力を発揮する。高級食パンの有名店である「乃が美」とキャンペーンなどで組んだのも、厚切り食パンがおいしく焼けるというイメージにつながった。その結果、2万7500円(税込み)と、バルミューダのトースターより高価にもかかわらず、品薄状態が続いている。

【上半期ヒット大賞】厚切りパンに強さを発揮 品薄が続く
ビストロ NT-D700(パナソニック)

 遠赤外線ヒーターで表面を焼きつつ、近赤外線ヒーターで内部をふんわりと温める。「厚切り食パンに最適」とのイメージが定着して人気に。パナソニックは販売台数を公表していないが、前モデルの2倍の台数が売れているといい、「現在も入荷までお待ちいただく状況が続いている」(ビックカメラ)。

撮影協力/ビックカメラ
撮影協力/ビックカメラ

 この他にも、1万9800円(税込み)のグリルプレート「abien MAGIC GRILL」(J-FUN)や、約10万円の高級炊飯器「土鍋ご泡火炊き JPL-A100」(タイガー魔法瓶)など、様々な高級調理家電がヒットしている。

【上半期ヒット】厚さ3ミリのスタイリッシュなグリルプレート
abien MAGIC GRILL(J-FUN)

 独自のフィルム加工を施した厚さ3ミリメートルのグリルプレートで焼く調理家電。デザインがスマートで、両端がわずかに湾曲しており油などがこぼれない仕組みもユニークだ。価格は1万9800円(税込み)。ECのみの販売で「4月時点でおよそ2カ月待ち」(J-FUN)の状態だ。

【上半期ヒット】「土鍋」訴求で高級炊飯器市場2位
土鍋ご泡火炊き JPL-A100(タイガー魔法瓶)

「炊きたて」シリーズ50周年モデルとなる、実勢価格9万9700円(税込み)の高級炊飯器。内なべが「土鍋」であることを訴求しつつ、ご飯の香りなどを保つ「おひつ保温」機能を搭載した。前モデルに比べて販売数が165%に伸び、高級炊飯器市場で同社のシェアを大きく押し上げた。

【上半期ヒット】チョコレートドリンクが人気に
Velvetiser(ホテルショコラ)

 英国のチョコレートブランドが家電メーカーと組んで開発したドリンクメーカー。冷たい牛乳と専用のチョコレートフレークで作る。実勢価格は1万円(税込み)。「コロナ禍で試飲イベントができなかったのに圧倒的に売れた」(蔦屋家電エンタープライズ)。

ウイルスに効果があるとうたう空気清浄機がヒット

 新型コロナウイルス対策という観点では、空気清浄機もよく売れた。中でも21年に目を引くのは、細菌やウイルスの除菌に一定の効果が期待できるタイプの製品だ。

 20年10月に発売されたKiralaの「Kirala Air」シリーズは、オゾンを発生させて、空中に浮遊したり衣服などに付着したりする菌やウイルスを除菌するとうたう。この製品自体は医療機器ではないが、同様のオゾン発生装置を使った研究では新型コロナウイルスを30分で91.5%減少させる効果があったという。21年4月には、世界最大の空調機器メーカーであるダイキン工業も、深紫外線による抑制効果があるとうたう空気清浄機「UVストリーマ」を発売した。

【上半期ヒット】浮遊ウイルスをオゾンで減らす空気清浄機
Kirala Air Aria KAH-138(Kirala)

 取り込んだ空気をきれいにするだけでなく、オゾンを放出することで空中に浮遊するウイルスや菌を除菌するハイブリッド空気清浄機。洋服などに付着したウイルスや菌にも効果があるとうたう。15畳用の「Aria」は実勢価格21万7800円(税込み)。他に、12畳用の「Pulizia」、8畳用の「Prato」があり、シリーズ全体で計画の3倍の台数が売れた。

【下半期ヒット予測】紫外線でウイルスを抑制する空気清浄機(期待度:★★)
UVストリーマ 空気清浄機 ACB50X-S(ダイキン工業)

 波長265ナノメートルの深紫外線を使用してウイルスや菌の抑制性能を高めた空気清浄機。フィルターに90分ごとに30分間深紫外線を照射することで洗浄する。実勢価格は9万7780円(税込み)。複数台設置した場合に、専用のスマホアプリで運転状況などをまとめて管理することも可能だ。

健康・美容家電にも新機軸商品が続々

 コロナ禍によって、エステやサロン、マッサージなどに行く人が減った代わりに、美容家電や健康家電も売れている。20年の後半から21年にかけて目立ったのは、拳銃のように片手で握れるタイプのハンディーマッサージャーだ。コンパクトでありながら振動が強く、腕や脚、肩、顔など様々な箇所をほぐすのに使える。

 テレビで何度か紹介されて一般にも認知され、「MYTREX REBIVE」(創通メディカル)、「HYPERVOLT」(HYPERICE)、「Dr. Air リカバリーガン」(ドリームファクトリー)など、様々なシリーズが登場。「小型で低価格な商品が増えて売れ行きが加速した」(蔦屋家電エンタープライズ)

【上半期ヒット】強い振動のマッサージャーが人気に
MYTREX REBIVE MINI(創通メディカル)

 筋肉などをほぐす狙いで使われるマッサージ機器。毎分3000回振動する先端部分に各種アタッチメントを付け、顔や腕など気になる部位に押し当てて使う。実勢価格は1万2460円(税込み)で、発売後6万4000台を販売。20年からスポーツ選手向けの製品が話題になっていたが、この他にも小型で安価な製品が増えたことで市場が拡大した。

 テレワークの機会が増えた男性にこれから売れそうな美容家電が、パナソニックのシェーバー「ラムダッシュ 6枚刃」シリーズだ。長めの癖ひげをカットする性能が強化されており、無精ひげに悩む男性の助けになるだろう。

【下半期ヒット予測】長めの無精ひげを一気に剃れる(期待度:★★★)
ラムダッシュ 6枚刃 ES-LS9AX(パナソニック)

 同社では約10年ぶりのモデルチェンジで6枚刃になった電動シェーバー。長い癖ひげのカット率を約4倍に高めた。コロナ禍で増えた「数日に1回しか剃らない」という需要に応える。21年6月6日発売で、最上位の「ES-LS9A X」は予想実売価格6万6000円(税込み)。

【下半期ヒット予測】意外に少なかったスマホ連動体温計(期待度:★★)
音波通信体温計 MC-6800B けんおんくん
(オムロン ヘルスケア)

 計測した体温をスマホで管理できる、脇の下で測定するタイプの体温計。実勢価格は2880円(税込み)。音波通信機能によって、専用アプリを入れたスマホに体温データを送信し、グラフ表示などができる。データ管理機能は、婦人体温計にはあったが、一般用は少なかった。コロナ禍により、健康管理のため体温を毎日測る需要は増えている。

【下半期ヒット予測】中身を管理できる異色の冷凍冷蔵庫(期待度:★)
スマートストッカー R-KC11R
(日立グローバルライフソリューションズ)

 定期的に消費する食品の保管に向く冷凍冷蔵庫。庫内の温度は3段階で切り替えられる。内部の重量センサーで食品の在庫を検知でき、少なくなればスマホに通知される。ECサイトなどを登録しておけば、購入もスムーズだ。実勢価格は8万7780円(税込み)。

13
この記事をいいね!する