21年上半期にヒットした商品は? 大賞14商品を一挙紹介(画像)

2021年上半期のヒット商品と、下半期にブレイク期待の商品を一挙に紹介する、日経トレンディ恒例企画の第1回。新型コロナの感染拡大から約1年が経過し、巣ごもり生活にマッチしていれば売れる時代は終わった。次は、革新的な工夫で「新しい生活様式」に溶け込んだ商品がヒットをつかんでいる。ヒットとブレイク予測、それぞれの3つのキーワードと、14部門でヒット大賞を獲得した商品・サービスを紹介する。

※日経トレンディ2021年6月号の記事を再構成

 新型コロナの感染拡大から1年が過ぎた。コロナ禍を前提とした生活への順応が進み、人々の消費態度は以前より前向きといえる。外出自粛による「巣ごもり需要」は新しい段階に入った。

【特集】2021年 上半期ヒット大賞&下半期ブレイク予測
【第1回】 21年上半期にヒットした商品は? 大賞14商品を一挙紹介←今回はココ
【第2回】 YOASOBIや北村匠海を輩出 「THE FIRST TAKE」大ヒットの理由

 2020年春ごろは、パスタや冷凍食品など保存食なら何でも売れた。飲食店の営業自粛やテレワークの普及などで自宅で料理をする機会が増えたからで、当初は何とか食事ができればそれでよかった。しかし時間がたつにつれて、インスタント食品や冷凍食品のトレンドは、「より簡単に」「よりおいしく」という方向に進んでいる。冷凍食品でありながら、から揚げ専門店の一品のような大きさがあり、満足度の高い「ザ★から揚げ」(味の素冷凍食品)のヒットは、その好例だ。高級トースターも、高くても手軽さと味を両立できているものが受けた。

上半期ヒットキーワード(1)「ちゃっかリッチ」


●ザ★から揚げ(味の素冷凍食品)
●ザ★から揚げ(味の素冷凍食品)
●ビストロ NT-D700(パナソニック)
●ビストロ NT-D700(パナソニック)
●きき湯ファインヒート(バスクリン)
●きき湯ファインヒート(バスクリン)
●テレワークスーツ(スーツ量販店各社)
●テレワークスーツ(スーツ量販店各社)

 手軽な健康法と言える入浴剤も、一般的なタイプより勢い良く発泡して素早く溶ける「きき湯ファインヒート」(バスクリン)のような、高付加価値製品に勢いがある。増えた“おうち時間”を充実させたいが、手間はかけたくない。やや矛盾する2つの欲求を同時に満たす商品が注目された。部屋着と同等の着心地ながら、オンライン会議では仕事用スーツに見える見栄えがある「テレワークスーツ」(AOKIやコナカなどスーツ量販店各社が発売)も、この「ちゃっかリッチ」の範囲に入るだろう。

 高級化ではなく、選択肢を増やすことで「飽きにくさ」と「選ぶ楽しみ」を両立した製品もある。例えば、プレミアムビールの「エビス」シリーズ(サッポロビール)は、「季節商品も含めて4本から選べる」と打ち出す工夫でリニューアル。伸び悩んでいたシェアを上向かせた。

上半期ヒットキーワード(2)「選べる醍醐味」


 機能的には既存商品とそれほど変わらないのに、選択肢を増やしたことでシリーズ全体で販売を伸ばした商品もあった。高級おにぎりやプレミアムビールなどの「ちょい高」製品にその事例が多かったのが興味深い。多色展開で売れた不織布マスクもある。

●「エビス」シリーズ(サッポロビール)
●「エビス」シリーズ(サッポロビール)
●ごちむすび(ファミリーマート)
●ごちむすび(ファミリーマート)
●スパンレース不織布カラーマスク(医食同源ドットコム)
●スパンレース不織布カラーマスク(医食同源ドットコム)

 その一方で、コモディティー化が進んだ生活必需品では、これまで以上に低価格が求められるようになった。「月20GBで2970円(税込み)」という斬新な料金設定で携帯電話業界を一気に変えた「ahamo」(NTTドコモ)や、Windowsパソコンよりも高いコスパでシェアを伸ばしつつあるChromebookはその象徴と言える。

上半期ヒットキーワード(3)「異次元コスパ」


 携帯電話の新料金プランの他、トヨタ自動車の小型SUV「ヤリス クロス」など、シェアトップのメーカーが出した高コスパ商品が相次いでヒット。裏を返せば、これまでの「必需品」には、消費者から価格性能比に厳しい目が向けられているとも言える。

●ahamo(NTTドコモ)
●ahamo(NTTドコモ)
●ヤリス クロス(トヨタ自動車)
●ヤリス クロス(トヨタ自動車)
●IdeaPad Duet Chromebook(レノボ・ジャパン)
●IdeaPad Duet Chromebook(レノボ・ジャパン)