最高のオンライン体験をデザインせよ

凸版印刷は、コロナ禍における新しい買い物体験を提供する「IoA Shopping」を開発し、2021年度中に実用化する。リアルとバーチャルの融合を目指したユニークな取り組みで、リアル店舗と同じ商品や内装などを備えるバーチャル店舗をネット上に構築。スマートフォンでリアル店舗とバーチャル店舗を行き来しながら、ショッピングできるようにした。

スマートフォンから専用アプリでアクセスすると、バーチャル店舗ではアバター画像を、リアル店舗では移動ロボットを用い、どちらにも行き来できる。バーチャル店舗で友人同士の会話が可能
スマートフォンから専用アプリでアクセスすると、バーチャル店舗ではアバター画像を、リアル店舗では移動ロボットを用い、どちらにも行き来できる。バーチャル店舗で友人同士の会話が可能

 「IoA Shopping」を開発した狙いは、リアル店舗とバーチャル店舗のメリット/デメリットを補完し合い、今までにない買い物体験につなげること。「リアル店舗は実際に商品を見ることができるし、思いがけない商品と出合うこともあるが、コロナ禍では行きにくい」「バーチャル店舗は人目を気にせず商品を試せるが、店員に直接質問をしにくい」など、それぞれにメリットとデメリットがあるからだ。

前回(第13回)はこちら

 IoA Shoppingの場合、バーチャル店舗では自分の分身となるアバター画像が店舗を“歩き回る”ことが可能。気に入った商品をバーチャルに試すこともできる。友人など複数人が同時に接続し、それぞれのアバター画像が店舗内を移動しながら音声会話もできるようにした。リアルにショッピングしている感覚だ。

 さらにリアル店舗の店員とのビデオ通話も可能で、商品に対する質問を直接することができる。リアル店舗には移動ロボットが配置され、スマホから操作が可能。リアル店舗の様子や実際の商品を、ロボットの「目」となったスマホの画面で見ることができる。まさにリアルとバーチャルの垣根を越えたショッピングといえそうだ。

従来のECではできない体験に

 開発は凸版印刷のほか、Takram(東京・渋谷)が担当。さらに体験型小売店として知られる「b8ta(ベータ)」(国内は東京・千代田のベータ・ジャパンが運営)と組み、リアル店舗の「b8ta Tokyo - Yurakucho」とバーチャル店舗「Virtual b8ta」で2021年3月に実証実験を行った。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
3
この記事をいいね!する