結婚式はリアル+リモートへ プリンスホテルが出した答え(画像)

リアルのサービスをオンライン化する際、ユーザーの意向をどうくみ取るかが最大のポイント。特に、顧客が従来のリアルサービスを強く望んでいる場合はハードルが高い。ウエディングはその代表的な例だ。コロナ禍の中でも、従来型のリアル結婚式を希望する顧客が多いという。難しい環境下でプリンスホテルグループが出した答えが、“多拠点型”のリモートウエディングだ。

前回(第2回)はこちら

緊急事態宣言や外出自粛の影響で、結婚式も縮小や延期する例が少なくない。そんな中、オンラインを取り入れたプランが登場。画像はプリンスホテルの「リモートウエディング」のイメージ
緊急事態宣言や外出自粛の影響で、結婚式も縮小や延期する例が少なくない。そんな中、オンラインを取り入れたプランが登場。画像はプリンスホテルの「リモートウエディング」のイメージ

 新型コロナ感染症拡大で大きな影響を受けたのがブライダル業界だ。緊急事態宣言や外出自粛の影響で、結婚式を縮小・延期する例が相次いでいる。

 国内外に83のホテルを構えるプリンスホテル(東京・豊島)でも、2020年の結婚式の開催数は前年実績の約4割まで減少。特に緊急事態宣言が発令された20年4~5月は、結婚式はすべて中止となった。

 withコロナ時代の結婚式の特徴は、参加人数を抑制していること。例えば、コロナ禍以前は60人規模の結婚式が標準的だったが、現在は20~30人規模。親族やごく近しい友人だけを招待することが多いという。

 そんな中、注目されているのが、オンラインサービスを取り入れた結婚式だ。挙式の様子をリアルタイムに配信したりビデオ会議システム「Zoom」で式場とゲストの自宅をつないだりするのだ。新郎新婦側で自らオンライン環境を整える場合もあれば、会場となるホテルなどがオプションとして提案する場合もある。

【特集】最高のオンライン体験をデザインせよ
プリンスホテルでは20年7月からオンラインサービスを取り入れたプランの提案を開始。左の画像は鎌倉プリンスホテルのオンライン挙式のイメージ。挙式、映像配信、衣装などを含むプランで料金は49万5000円(税込み)から。ほかにも様々なプランがある
プリンスホテルでは20年7月からオンラインサービスを取り入れたプランの提案を開始。左の画像は鎌倉プリンスホテルのオンライン挙式のイメージ。挙式、映像配信、衣装などを含むプランで料金は49万5000円(税込み)から。ほかにも様々なプランがある

結婚式はやっぱりリアルがいい?

 プリンスホテルでも、20年7月からオンラインサービスを取り入れたプランの提案をスタート。すでに何組かのカップルがオンライン結婚式を実施した。

 プリンスホテルの場合は、結婚式のライブ配信にYouTube Liveを使用している。オンラインの参加者は自宅からスマホやパソコンを通じてYouTubeeにログインし、挙式の様子を見学。コメント欄にお祝いのメッセージを記入することもできる。

 Zoomを使用した例もある。Zoomを通じて披露宴の乾杯や、新郎新婦とゲストがオンラインで会話をする。ホテルのサービスを利用するのではなく、自分たちでパソコンやカメラなどの機材を用意し、オンラインを取り入れる新郎新婦もいた。

 結婚式にオンラインサービスを導入するうえで難しかったのが、オンラインの取り入れ方だった。

 「普通の結婚式も、オンライン結婚式も、進行の流れ自体はほぼ同じ。しかし、オンラインを使いたいタイミングが人それぞれだった。挙式だけをライブ配信したい人もいれば、会場のプロジェクターにZoomの画面を投影してオンラインのゲストを紹介したいという人もいた。新郎新婦ごとに理想の式のイメージは違うので、一人ひとりに合わせてオンラインの導入の仕方を相談する必要があった」(プリンスホテルのセールス&マーケティング本部・マーケティング部・アシスタントマネージャーの森田夏樹氏)

 実際にオンライン結婚式を挙げた新郎新婦からは、「コロナ禍で諦めていたけど、遠方のゲストに晴れ姿を見てもらえてうれしかった」など喜びの声があったという。また、コロナ禍とは関係なく、「入院している」「家族の調子が悪い」など、やむを得ない理由で結婚式の参列を諦めようとしていた人たちも、オンラインなら参加できる。これは大きな変化だ。

 とはいえ、オンライン結婚式は、まだまだ少ないのが現実だという。

 「新型コロナの流行で、結婚式の在り方も大きく変化していくだろうと予想していた。しかし、実際に蓋を開けてみると、予想以上に従来通りのリアルのウエディングを望まれるお客様が多かった。そのため、オンラインを取り入れるにしても、できるだけリアル体験に近いものを提供していきたい」(森田氏)