Microsoft Officeアプリが利用できるiPadは、使い勝手がパソコンと遜色ないレベルまで高まっている。例えば、パソコンで作ったExcelの表やグラフに、iPadで手書きのコメントを入れるといった芸当が可能なのだ。パソコンとiPadの“二刀流”を使いこなすプロに、リモートワークが劇的にはかどる技を聞いた。

※日経トレンディ2021年5月号の記事を再構成

リアルなノートと同様に、任意の場所に画像やウェブページなどを配置できるOneNote。iPadを使えば、手書き入力も簡単だ(詳細は記事3ページ目)
リアルなノートと同様に、任意の場所に画像やウェブページなどを配置できるOneNote。iPadを使えば、手書き入力も簡単だ(詳細は記事3ページ目)

 iPadでも使えるMicrosoft Officeアプリは、何度もアップデートされ、使い勝手がパソコンと遜色ないレベルまで高まった。例えば、Split Viewで画面の左側にExcelのグラフを表示し、画面右側のWordに貼り付けるといった作業も指1本で感覚的に行える。新たにインストールするなら、オールインワン型の「Office」アプリを選びたい。Excel、Word、PowerPointなどがこのアプリに入っており、1つで各ファイルの作成や編集ができるからだ。

Office (マイクロソフト)を使いこなす6つのポイント

【POINT 1】ワード・エクセル・パワポが全部入り
【POINT 1】ワード・エクセル・パワポが全部入り
アプリ1つでテキスト作成から表計算、プレゼンまで全部こなせる

 二刀流でOfficeを使う場合、有料のクラウドサービス「Microsoft 365」(旧Office 365)を契約することになる。従来のサブスクリプション型ではないOfficeの場合、モバイルアプリが使えない制約があるためだ。ただしMicrosoft 365でも、一部プランでは画面サイズが10.1インチ以下でしか使うことが認められていない場合があるので注意。iPadシリーズではminiを除くと全モデルで画面サイズが10.1インチ以上となっている。

【POINT 2】テンプレートはパソコン版と遜色なし
【POINT 2】テンプレートはパソコン版と遜色なし
PowerPointのテンプレートも豊富で、iPadだけで本格的なプレゼンが作れる

 Microsoft 365は個人契約の場合、年間1万2984円(税込み)から。最近は買い切り型からMicrosoft 365に切り替える企業も少なくない。もし業務利用するなら、勤務先のシステム部門に問い合わせてみるとよい。そもそも、私物iPadの業務利用が認められているかも併せて確認しておこう。