パソコンの画面が狭くて作業効率がイマイチ――。そんなときは、iPadを併用するのがお勧めだ。メールの送受信やビジネスチャットをこなせる、もう一つの作業画面が手に入る。さらに、書類をスキャンして送信したり、専用ペンのApple Pencilを使って手書きメモを取れたりするの便利なポイントだ。“二刀流”を使いこなすプロに、リモートワークを効率化する技を聞いた。

※日経トレンディ2021年5月号の記事を再構成

 在宅勤務が急速に普及し、自宅にノートパソコンを持ち込んで仕事をしているものの、画面の狭さゆえに作業効率がイマイチで、画面を増やしたい。これまでなら外付けディスプレイを追加するところだが、今どきはiPadを併用するのがお勧めだ。家にほこりをかぶって使っていないiPadがあれば、使わないのはもったいない。

 スタンドなどを使ってパソコンに並べて使えば、単体でメールの送受信やビジネスチャットをこなせるもう一つの作業画面が手に入るからだ。“二刀流”でサクサク仕事をこなしやすくなる。

 最新のiPad OSなら、マウス操作に対応しているのもポイント。使い勝手は、もうパソコンとほとんど変わらない。さらに「Split View」と呼ばれるマルチタスク機能も使えるので、画面を左右に分割して2つのアプリを同時利用できる。例えば、メールの文面のテキストをWordに貼る作業はお手のものなのだ。

オンライン会議でも超便利に使える

 二刀流が特に力を発揮するのは、オンライン会議の場面。スマホと違って、画面の大きいiPadならZoomやTeamsなどのオンライン会議をパソコン並みにこなせる。2台で同じ会議に参加できるので、iPadで参加者の顔を見て会話しながら、パソコンでチャットの文面を表示するといったことが難なくできる。注意点としては、片方のマイクをミュートにしておかないとハウリングが発生することぐらいだ。

 iPadなら手元にある商品をカメラに写して見せたり、書類をスキャンして送信する作業もすぐにできる。オンライン会議中、専用ペンのApple Pencilを使って手書きメモを取るのもポイント。気付いたことをメモとして残すには、文字や図が自由に書ける手書きの方が分かりやすい。パソコンのようにキーボードを叩いた際のタイプ音がマイクで拾われることもないので、相手を不快にさせずに済む。