ビジネスシーンではオンライン会議が当たり前になってきた。そうした会議でストレスを感じるのは、実は映像よりも音声の聞き取りづらさだ。音質改善には、まずはマイクを変えるだけでも大きな効果が見込める。オーディオテクニカやサンワサプライ、アップルのAirPods Proなど、オンライン会議で使われている様々なタイプの製品を用意し、実際のマイク音質を検証した。

※日経トレンディ2021年5月号の記事を再構成

 テレワークはもはや“長期戦”ではなく、“日常”だ。特にパソコンを使ったオンライン会議はビジネスシーンではすっかり当たり前の光景になった。

 オンライン会議でストレスを感じるのは、実は映像よりも音声の聞き取りづらさだ。市場調査やコンサルティングを行うジェイ・ディー・パワー ジャパンのアンケート調査によると、オンライン会議利用中の不具合やトラブルのトップ(35%)に挙がったのが「音声が聞き取りにくい」だった。音声が相手に伝わらなければ、そもそも会話が成り立たない。

 音質改善には、まずは使っているマイクを変えるだけでも大きな効果が見込める。ノイズが少なく自然な声を拾うことができ、長時間聞いても相手にストレスを感じさせないマイクはどれか。オンライン会議に向く様々なタイプの製品を用意し、実際の音質を検証してみた。

テスト方法/洗足学園音楽大学講師の生形三郎氏協力の下、防音室内で各マイクの周波数特性や音質をチェック。高速スペクトラムアナライザーソフトウエア「WaveSpectra」(efu氏作成)でキャプチャした波形を今回の分析結果として掲載した。波形図の横軸は音の周波数で左側が低い音(低周波)、右側が高い音(高周波)。縦軸はそれらのレベル(強さ)を示している。また、各マイクを用いて音声を録音し、聞き取りやすさやノイズの違いなども比べた
テスト方法/洗足学園音楽大学講師の生形三郎氏協力の下、防音室内で各マイクの周波数特性や音質をチェック。高速スペクトラムアナライザーソフトウエア「WaveSpectra」(efu氏作成)でキャプチャした波形を今回の分析結果として掲載した。波形図の横軸は音の周波数で左側が低い音(低周波)、右側が高い音(高周波)。縦軸はそれらのレベル(強さ)を示している。また、各マイクを用いて音声を録音し、聞き取りやすさやノイズの違いなども比べた
周波数特性は小型のフルレンジスピーカーを用い、再生した標準ノイズ(ホワイトノイズ)の音を各マイクで拾い測定した
周波数特性は小型のフルレンジスピーカーを用い、再生した標準ノイズ(ホワイトノイズ)の音を各マイクで拾い測定した

本当に聞き取りやすいマイクはこれだ!

 まず知っておきたいのがマイクの方式だ。「コンデンサー方式」は音声による空気の振動を電荷の変化に変える仕組み。感度が比較的高く、音をよく拾うことが特徴だ。一方、「ダイナミック方式」は一般的にカラオケなどで使われているマイク。空気の振動で電気を発生させ、音声信号に変換する。多くは「単一指向性」で、一方向の声をよく拾う仕組みだ。

コンデンサー方式
コンデンサー方式
内部にある振動板と電極を組み合わせ、音声の空気振動を電荷の変化に置き換える仕組みのマイク。その原理上、電源が必要になるが、音を拾う感度は比較的高め。単一指向性のコンデンサーマイクの“正面”にはロゴマークなどがプリントされていることが多く、使用時はそこに向かって話す
ダイナミック方式
ダイナミック方式
音声で振動板が動くことで微弱な電気が発生。それを音声信号に変換する仕組み。電気の力で振動板を動かして音を出すスピーカーと逆の構造をしている。多くのダイナミックマイクは単一指向性か、正面と背面の感度が高い双指向性。写真のようにマイクの軸と同方向に話すものが多い

 今回比較した中で、マイク音質のクオリティーが最も高かったのが「AT2020USB+」(オーディオテクニカ)だ。感度が高いコンデンサー方式を採用したマイクで、USBケーブルを使ってパソコンに接続できる。「周波数特性の波形からは低音から高音までバランス良く音を拾えていることが分かる。リアルな温かみのある声を収録でき、マイクから少し離れて話しても明瞭に聞き取れる感度の良さも備える」(洗足学園音楽大学講師の生形三郎氏)。音がごく自然でノイズが少ないため、聞き続けてもストレスを感じない。オンライン会議はもちろん、Clubhouseやウェビナーなどでの長時間利用にも向きそうだ。

感度が高く極めてリッチな音質 幅広い帯域をカバーする
AT2020USB+(オーディオテクニカ)
AT2020USB+(オーディオテクニカ)
USBケーブルでパソコンに接続するタイプのコンデンサーマイク。周波数特性は低周波(低い音)から高周波(高い音)までレベルが高めで、リアルな声を拾える特性を示している。「音質は極めてリッチな印象。唇の動かし方まで分かるような音声が収録できており、長時間聞いてもストレスがない音質」(生形氏)。ヘッドホン用の端子やボリュームダイヤルも用意している。●コンデンサー方式●単一指向性●実勢価格1万8150円(税込み)
低域から高域までフラットで良好
低域から高域までフラットで良好

 次に音質が良かったのが「ATR2100x-USB」(オーディオテクニカ)だ。カラオケなどで使われているボーカル用マイクと同じダイナミック方式を採用している。AT2020USB+と周波数特性を比べるとやや帯域が狭い印象だが、「人の声をうまくピックアップしており聞き取りやすかった」(生形氏)。

音声はナチュラルで聞きやすい コンデンサーモデルよりも帯域は狭め
ATR2100x-USB(オーディオテクニカ)
ATR2100x-USB(オーディオテクニカ)
USB(タイプC)とオーディオ用の3ピンXLR-M端子を搭載したダイナミックマイク。周波数特性は低域、高域ともAT2020USB+よりやや下がった。「音を拾う帯域はやや狭めで同社のコンデンサーマイクには及ばないが、録音した音声は比較的素直な印象で聞き取りやすい」(生形氏)。●ダイナミック方式●単一指向性●実勢価格1万1880円(税込み)
同社のコンデンサーよりも高域と低域が狭め
同社のコンデンサーよりも高域と低域が狭め

 実勢価格2530円(税込み)という低価格ながらも、健闘したのがサンワサプライの「MM-MCU03BK」。コンパクトなスタンドタイプのマイクだが、比較的感度が良く、音質は素直な印象。手元でマイクをミュートできるなど使い勝手も良かった。

感度が高く使いやすい高コスパ機
MM-MCU03BK(サンワサプライ)
MM-MCU03BK(サンワサプライ)
スタンドタイプの単一指向性マイク。台座にあるボタンを押せばマイクをミュートできるのは便利だ。「高域の感度が高めで周波数特性は悪くない。実際の音声はリアリティーが高い分、ややノイジーな印象もあるが、2530円という価格を考えればコストパフォーマンスはかなり高い」(生形氏)。●コンデンサー方式●単一指向性●実勢価格2530円(税込み)
高域の感度も高く自然で素直な音質
高域の感度も高く自然で素直な音質

 今回のテストで周波数特性の波形が特徴的だったのが、アップルの完全ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」。音楽再生の音質やノイズキャンセル機能に定評のある製品だが、周波数特性の波形では高域が大きくカットされた結果に。録音したマイク音声は「高域が削られているためか、他よりも声がこもりがちに感じた」(生形氏)。

高域が減衰し、他よりも聞き取りにくい
AirPods Pro(アップル)
AirPods Pro(アップル)
アップルのイヤホン「AirPods」上位機のマイクもチェック。「測定開始からしばらくすると低域のレベルが変わるなど、状況に応じて音声処理が行われている印象。ただ高域は大きくカットされており、音声情報としては少なめ。録音した音声はややこもりがちで聞き取りづらかった」(生形氏)。●実勢価格3万580円(税込み)
高域のレベルが大きく減衰している
高域のレベルが大きく減衰している

その他、5モデルのマイクもチェック

口元で声だけをピックアップ 高域は下がるがおおむね良好
400-MC017(サンワダイレクト)
400-MC017(サンワダイレクト)
イヤホンの接続が可能なUSBタイプのピンマイク。周波数特性は高域がやや減衰しているが全体のバランスは良い。「超小型タイプながらも落ち着いた音質。口元に近づけて使うこともあり、周囲の雑音も入らず声だけをしっかり聞き取ることができた」(生形氏)。●コンデンサー方式●無指向性●実勢価格3980円(税込み)
高域がわずかに下がるが聞き取りやすい音質
高域がわずかに下がるが聞き取りやすい音質
声はこもりがちだが比較的ナチュラル
HS-HP28UBK(エレコム)
HS-HP28UBK(エレコム)
耳元部分にミュートボタンやボリューム調節ダイヤルがあるUSBヘッドセット。感度は全体的に低めだ。「マイクのカバー部分の影響か周波数特性は高域が減衰している。音声はややこもりがちだが、ノイズは少なく比較的ナチュラルな音質」(生形氏)。●コンデンサー方式●双指向性●実勢価格1450円(税込み)
高域側が減衰しややこもりがち
高域側が減衰しややこもりがち
高感度だがややノイズも聞こえる
C505 HDウェブカメラ(ロジクール)
C505 HDウェブカメラ(ロジクール)
モノラルマイク内蔵のウェブカメラ。感度が高めで情報量も多い。「低域から高域までの音声がクリアに聞こえるが、音質はやや粗めの印象。口元とマイクが少し離れるせいか、部屋の反響音や空調などのノイズまで明瞭に拾っている」(生形氏)。●実勢価格3300円(税込み) ※マイク方式、指向性は非公表
感度は全体的に高くノイズもやや多め
感度は全体的に高くノイズもやや多め
測定結果のレベルは低めだが音声は明瞭
ThinkPad T480s(レノボ・ジャパン)
ThinkPad T480s(レノボ・ジャパン)
ビジネス用パソコンの一例としてThinkPad T480s(約4年前のモデル)で検証。「ノイズキャンセル機能が働いたのか、周波数特性のレベルは全体的に低め。実際には周囲のノイズが低減され、ややこもりがちだが音声だけがはっきりと聞こえた」(生形氏)。●実勢価格25万800円(税込み) ※マイクはMEMSマイクロホン方式
ノイズ低減効果のためか測定ではレベルが低めに
ノイズ低減効果のためか測定ではレベルが低めに
低域が下がり気味で声がこもる印象
EarPods with 3.5mm Headphone Plug(アップル)
EarPods with 3.5mm Headphone Plug(アップル)
アップルの3.5ミリメートルジャックタイプの有線イヤホンを検証。「ケーブル部にあるマイクと衣服などとのタッチノイズを考慮しているのか、特に低域がカットされている。実際の音声はこもりがちでやや不明瞭だったため、長時間の会議ではややストレスに感じるかもしれない」(生形氏)。●実勢価格2200円(税込み)
低域がやや減衰。低音が少ない軽い音の印象
低域がやや減衰。低音が少ない軽い音の印象
注)「AirPods Pro」はWindowsパソコンにBluetooth接続して周波数特性などを測定。ThinkPad T480sの価格は直販モデル(20L7S25D00)のもの

(写真/高嶋 一成)

20
この記事をいいね!する

日経トレンディ10月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年10月号
【巻頭特集】業務スーパー、カインズ、ワークマン大研究
【第2特集】家電のサブスク お得度チェック
【ヒット商品連載】ニコン「Z fc」、BMW「MINI」 他
【人気連載】40代おじさん白書 ロンブー田村淳に聞く
発行・発売日:2021年9月3日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する