トップ激白 スノーピークのヒット考

日本のアウトドアシーンをけん引するリーディングカンパニー、スノーピーク。ヒット商品を市場に送り続け、コロナ禍でも業績絶好調の同社にフォーカスを当てた特集。第2回は山井太(とおる)会長が自ら本腰を入れている、米国市場での事業展開について話を聞いた。

コロナ禍のため、日本に一時帰国中の山井太会長。インタビューは新潟県見附市にあるスノーピークの戦略拠点「スノーピーク オペレーションコア HQ2」で行われた
コロナ禍のため、日本に一時帰国中の山井太会長。インタビューは新潟県見附市にあるスノーピークの戦略拠点「スノーピーク オペレーションコア HQ2」で行われた

前回(第1回)はこちら

米国で鳴かず飛ばずの十数年

 「過去1年で1回以上キャンプに行ったことのある人は、日本だと800万~900万人。対して米国は1億6000万人もいる。米国のアウトドア市場はGDPの2%といわれているから、2019年の市場規模は約4300億ドル(約47兆3000億円)という途方もない大きさだ」――。

【特集】トップ激白 スノーピークのヒット考

 日本と米国、アウトドア市場のスケールの違いについてスノーピークの山井太会長は力説する。会長自身、19年後半から米国事業のスケールアップに取り組むため、オレゴン州ポートランドに軸足を移している。コロナ禍で現在は一時帰国しているが、同社の米国進出の狙いはこの巨大なマーケットにある。ちなみに矢野経済研究所によると日本のアウトドア市場は19年で約5169億円だから、米国は日本の90倍以上もの規模がある。山井会長が意欲を燃やすのもうなずける。

山井会長が軸足を移している米ポートランドは、スノーピークにとって海外事業のスタートとなった思い入れのある地
山井会長が軸足を移している米ポートランドは、スノーピークにとって海外事業のスタートとなった思い入れのある地

 「日本での売り上げが落ちていた1996年に、海外進出の一環で米国に会社を立ち上げました。戦略としては、第1段階がバックパッカーをターゲットにした超小型ストーブを投入してブランディングを展開する。その後、第2段階として日本のキャンプ文化の輸出を考えていました」

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>