日経クロストレンドは技術、マーケティング、消費の3分野の重要キーワードを将来性、経済への影響力でスコア化し、「トレンドマップ 2021下半期」としてまとめた。同調査のマーケティングキーワード編では、「アフターコロナ」を見据えたキーワードや、市場全体が縮小に向かう日本市場への対抗策と考えられるキーワードへの関心が高まった。

(写真/Shutterstock)
(写真/Shutterstock)
[画像のクリックで拡大表示]

前回(総論・技術キーワード編)はこちら

 トレンドマップ 2021下半期は、日経クロストレンドのメディア活動で協力を得ている約50人のアドバイザリーボードのメンバーに加えて、日経クロストレンド、日経トレンディ編集部員へのアンケートを2021年8月中旬~下旬にかけて実施して作成した。

「トレンドマップ 2021上半期」関連記事
【総論・技術キーワード編】
「今後伸びるビジネス」ランキング【21年下半期】 全85個を独自調査
【マーケティングキーワード編】
マーケ新潮流「コロナ後」の注目は? 先読み調査【21年下半期】←今回はココ
【消費キーワード編】
Z世代はどこへ向かう? 専門家が占う消費の新トレンド【21年下半期】

 編集部が選定した技術28キーワード、マーケティング29キーワード、消費28キーワードそれぞれを認知する人に、そのキーワードの現時点での「経済インパクト」と「将来性」を5段階で尋ね、1~5点でスコアリングしたものだ(選択肢名など、詳細は記事最後に掲載)。トレンドマップは右に行くほど経済インパクトが大きく、上に行くほど将来性が高いことを示す。

2021下半期トレンドマップ【マーケティングキーワード編】
2021下半期トレンドマップ【マーケティングキーワード編】
[画像のクリックで拡大表示]

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。