博報堂が400人超のDX人材採用へ 丸ごとM&Aや業務提携なども視野(画像)

特集の第6回は、DX(デジタルトランスフォーメーション)人材の育成だけでなく、採用にも注力している博報堂グループを取り上げる。グループ内に新設したDX推進組織に必要な人材を、数年かけて400人ほどキャリア採用する計画だ。どのようなDX人材を、どのように採用するのかひもといた。

前回(第5回)はこちら

博報堂グループが進めるDX人材大量採用の第1弾となる「博報堂デジタルイニシアティブ」のキャリア採用向けサイト
博報堂グループが進めるDX人材大量採用の第1弾となる「博報堂デジタルイニシアティブ」のキャリア採用向けサイト

 総合広告会社の博報堂(東京・港)、グループのメディア事業を主に担う博報堂DYメディアパートナーズ(東京・港)、デジタルメディア事業を主に担うデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC、東京・渋谷)の3社は2021年4月5日、自社ではなくクライアント企業のDXを推進するための3社横断の戦略組織「HAKUHODO DX_UNITED」を発足した。

 これまでは、クライアント企業の依頼を受けてマーケティングDXを推進しようとすると、必要な機能(部署)がグループ内に分散していたため、依頼に応えるまでに手間も時間もかかるケースが多かった。これでは、総合広告会社やコンサルティング会社といった競合企業との厳しい競争を勝ち抜けない。そこでクライアント企業のDX推進に関わる機能を1つにまとめた。

博報堂グループがHAKUHODO DX_UNITEDにまとめた8つの専門機能(出所/博報堂)
博報堂グループがHAKUHODO DX_UNITEDにまとめた8つの専門機能(出所/博報堂)

 具体的には、データマーケティングなどマーケティングDXを推し進める博報堂の5部門、メディアへの投資効果の最大化を図るメディアDXの推進機能を担う博報堂DYメディアパートナーズと博報堂にまたがっていた2部門、それにデジタルマーケティングの実際の運用などを担うDACの1部門を、それぞれ8つの専門機能としてHAKUHODO DX_UNITEDにまとめたのだ。これにより、エクスペリエンスデザインやメディアプランニングなど、それぞれ専門領域を持つスタッフ約700人が結集し、クライアント企業のDXを推進する態勢になった。

 もっとも、数多いクライアント企業のDXを推進していくためには、既存のスタッフだけでは質・量ともに十分ではない。そこでHAKUHODO DX_UNITEDに必要なDX人材を、「社内から育成する、社外から招くの両輪で増やしていく」(博報堂人事局人事部部長兼博報堂DYメディアパートナーズ人事局人事部部長の沼田宏光氏)ことを考えた。社外から招く場合は、キャリア(中途)採用はもちろん、「業務提携やM&Aによって必要な人材を手配することも選択肢に入れている」(沼田氏)という。

博報堂Gが新たに始めた「現場と一体型の採用」とは?

 社外から人を招く際の軸となるキャリア採用については、これまでの博報堂グループでは実施していなかった採用方法を取る。それは「現場と一体型の採用」(沼田氏)だ。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
5
この記事をいいね!する