マーケティング活動で使用する、さまざまな指標を分かりやすく解説する本特集。第3回のテーマは「ウェブ広告」だ。広告の成果を測る上で欠かせない、4つの指標を紹介する。用語や計算式の意味を正しく覚えられたかどうか、ぜひ例題で確認してほしい。

ウェブ広告に携わる上で欠かせない4指標を紹介する(写真提供/Shutterstock)
ウェブ広告に携わる上で欠かせない4指標を紹介する(写真提供/Shutterstock)
前回(第2回)はこちら

 ウェブ広告の出稿や打ち合わせで避けて通れないのが、さまざまな専門用語だ。似たような3文字の略語が多く、混乱してしまうという人もいるだろう。ここではウェブ広告に関連する4つの基本的な用語を取り上げる。広告効果を正しく把握するために、計算の方法や数値の読み解き方も覚えておきたい。例題は4つの指標をまとめて、最後に記している。

今回取り上げるマーケティング指標
  • CTR
  • CPC
  • CPA
  • CVR

 CTR 

CTR(Click Through Rate/クリック率)

CTR=クリック数÷インプレッション数

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
13
この記事をいいね!する