マーケターの実像調査2021「実践編」

日経クロストレンドと日経MJの共同企画「マーケター実像調査 2021」の第2弾となる本特集では、アンケートで名前が挙がった目標とするマーケターや、注目すべき企業の取り組みを紹介する。まずはヤフー、ニュージーランド航空、ユニリーバなどで活躍した、ソフトバンクの井上大輔マーケティング統括部長のインタビューをお届けする。(聞き手は日本経済新聞社・坂本佳乃子)

 日経クロストレンドと日経MJが共同で実施した「マーケター実像調査 2021」では、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う混乱の中で、変革の時代を生きるマーケターの姿を浮き彫りにした。アンケートの中で「目標とする、尊敬する著名マーケター」として名前が挙がったのは、ソフトバンクのプロダクト&マーケティング統括コミュニケーション本部メディア統括部で統括部長を務める井上大輔氏だ(先進マーケティング企業ランキング トヨタが躍進、1位はP&G)。「マーケターには未来予測力が不可欠」と主張する井上氏にアフターコロナのマーケターの役割などを聞いた。

【特集】マーケターの実像調査2021「実践編」
【第1回】 ソフトバンクのマーケ担当が語る「ニューノーマルは危険な言葉」 ←今回はココ
【第2回】 「必要なのはデータリテラシーと仮説力」 富永氏のマーケ視点

本質的な欲求は何万年と変化せず

新型コロナウイルスによってマーケティング業界にはどんな変化が生じましたか。

旅行をする人が減ったりマスクの消費が増えたり、コロナの影響をダイレクトに受けた商材はあるが、例えばiPhoneの人気が変わらないように、本質的な消費者心理は変わっていない。全体に沈んだ業界、好調だった業界はあるものの、その中でブランドの位置関係に変化はなかった。

 コロナによって家で過ごす時間が増えた結果、家族や友人とのコミュニケーションのとり方は大きく変わった。ただ人の本質的な欲求や本能は何万年と変わっていない。コロナがもたらした変化よりもはるかに強い。

井上 大輔(いのうえ だいすけ)氏
ソフトバンク プロダクト&マーケティング統括 コミュニケーション本部 メディア統括部 統括部長
ニュージーランド航空やユニリーバ、アウディジャパンなど、幅広い業種のグローバル企業でマーケティングを担当。ヤフーのマーケティングソリューションズ統括本部マーケティング本部長を経て2019年より現職。

消費者が外出する機会が減るなか、マーケターにはどんなことが求められますか。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。