日本マイクロソフトは近年、ゲーム分野での存在感を再び高めている。2020年11月には、新世代家庭用ゲーム機「Xbox Series X」「同S」を発売。Xbox用のゲームタイトルをモバイル端末やタブレットでプレーできるようにするクラウドゲームサービス「Project xCloud」のプレビュープログラムも日本でスタートさせた。また、「東京ゲームショウ2020 オンライン」(20年9月に開催)に6年ぶりに出展するなど、ゲーム市場へのアプローチも積極性を増している。同社がゲームに懸ける思いや、日本市場にどのように取り組んでいくのかを、日本におけるコンシューマー事業の責任者である竹内洋平氏に聞いた。

日本マイクロソフト執行役員コンシューマー事業本部長の竹内洋平氏
日本マイクロソフト執行役員コンシューマー事業本部長の竹内洋平氏

――マイクロソフトのビジネスにおいて、ゲームの存在感が高まっています。

竹内洋平氏(以下、竹内氏) マイクロソフトにとってゲームは非常に重要です。2014年にサティア(・ナデラ)がCEO(最高経営責任者)に就任した際、マイクロソフトの注力分野として、「モダンライフ」「モダンワークプレイス」「ビジネスアプリケーション」「インフラストラクチャー」「データ&AI」という5つの分野を掲げました。17年、そこに「ゲーミング」が加わりました。

 それまでゲーム機を中心にゲームをお届けしていましたが、ほかのデバイスを見据えたプラットフォームとしてXboxを展開していくことを旗揚げしたのが17年なんです。マイクロソフトの戦略について社内で話すときも、ゲームは非常に大きなものと捉えています。

――20年は、「東京ゲームショウ」に6年ぶりに出展しました。日本市場に再び力を入れている印象です。

竹内氏 東京ゲームショウ2020 オンラインの開催時期(20年9月23~27日)が、新ゲーム機「Xbox Series X」「同S」の発売直前という良いタイミングだったので、日本のゲーマーに直接熱いメッセージを発信したいという思いで参加しました。日本はゲーム機が成熟した国ですし、多くの開発パートナーがいるので、非常に重要なマーケットと捉えています。

――新ゲーム機の発売に加え、ゲームのサブスクリプションサービス「Xbox Game Pass」(以下、Game Pass)が20年4月に、ストリーミングでゲームがプレーできる「Project xCloud」(以下、xCloud)のプレビュープログラム(テスト運用)が20年11月に日本でも開始されました。これらの手応えはいかがですか?

竹内氏 ゲーム機のうち、Xbox Series Xは4Kの高精細な映像を大画面で最大限楽しんでいただく最高のゲームプラットフォームという位置付け、同Sは幅広くゲームを楽しんでいただくために手に取りやすい価格で用意したものです。ご要望に全てお応えするだけの数を出荷できていないので申し訳ない思いでいっぱいですが、製品の価値をお伝えする中で日本のゲーマーの皆さんが待っていたプラットフォームを提供できているという実感はあります。

2020年11月に発売されたマイクロソフトの家庭用ゲーム機「Xbox」シリーズ。左がハイエンド版の「Xbox Series X」(税別4万9980円)、右が価格を抑えたコンパクト版の「Xbox Series S」(同2万9980円)
2020年11月に発売されたマイクロソフトの家庭用ゲーム機「Xbox」シリーズ。左がハイエンド版の「Xbox Series X」(税別4万9980円)、右が価格を抑えたコンパクト版の「Xbox Series S」(同2万9980円)

 20年4月から展開しているGame Passについても、高い評価をいただいています。つい最近、米エレクトロニック・アーツ社のゲームがサブスクリプションで楽しめる「EA Play」もサービスの1つに追加されました。Game Passは「ちょっとプレーしてみたかった」というゲームにも気軽にアクセスできるところが魅力。日本でGame Passを開始した頃のデータでは、90%以上の会員がそれまで試さなかったゲームを遊んでいるという結果が出ています。

ゲームのサブスクリプションサービス「Xbox Game Pass」。最上位の「Ultimate」プランは月額1100円(税込み)で、マイクロソフト(Xbox Game Studios)などの100を超えるタイトルや、エレクトロニック・アーツのゲームをプレーできるほか、マルチプレーヤー機能や会員向け特典なども利用できる
ゲームのサブスクリプションサービス「Xbox Game Pass」。最上位の「Ultimate」プランは月額1100円(税込み)で、マイクロソフト(Xbox Game Studios)などの100を超えるタイトルや、エレクトロニック・アーツのゲームをプレーできるほか、マルチプレーヤー機能や会員向け特典なども利用できる

 Game Passは、われわれのスタジオ「Xbox Game Studios」で作っている最新のゲームを発売日当日から追加料金なしに遊べます。先日、米ベセスダ・ソフトワークスがグループに加わったことで、われわれのゲームスタジオは23に拡充しました。クリエーティブな開発会社の最新ゲームを発売日から提供できるのは、大きなポイントだと思っています。

マイクロソフトは、ゼニマックス・メディアの買収を21年3月に完了。これにより、『エルダー・スクロールズ』や『フォールアウト』など人気タイトルで知られる、傘下のベセスダ・ソフトワークスも、Xbox Game Studiosに加わった
マイクロソフトは、ゼニマックス・メディアの買収を21年3月に完了。これにより、『エルダー・スクロールズ』や『フォールアウト』など人気タイトルで知られる、傘下のベセスダ・ソフトワークスも、Xbox Game Studiosに加わった

 われわれは全ての人に、どんな場所からも、いろいろなゲームをプレーしていただくことをモットーに、「ゲーミング・フォー・エブリワン」というビジョンを掲げています。このGame Passを通じて、今まで購入に至らなかったタイトルをプレーしていただいているようになったことは、お客様にゲームの遊びの幅を提供できるようになったということです。このサービスを今後もしっかりとやっていきたいと考えています。

 また、xCloudは現在プレビュープログラムという形で取り組んでいますが、反応が非常にいい。プラットフォームが違うユーザー同士がプレーしたり、家で遊んでいるゲームを通勤などの移動中も継続して遊べたりすることを考えると、Game Passやクラウドゲームはより重要になってくると感じています。

「Project xCloud」は欧米を中心に「Xbox Game Pass Ultimate」会員向けに始まっているクラウド ゲームのサービス。100以上のタイトルをスマートフォンやタブレット端末、PCにストリーミングしてプレーできる。日本では、20年11月からプレビュープログラムを開始(本番運用の開始時期は未定)
「Project xCloud」は欧米を中心に「Xbox Game Pass Ultimate」会員向けに始まっているクラウド ゲームのサービス。100以上のタイトルをスマートフォンやタブレット端末、PCにストリーミングしてプレーできる。日本では、20年11月からプレビュープログラムを開始(本番運用の開始時期は未定)