コロナ禍での生活様式の変化やイベント、映画上映の延期などに対応しながら、好調に事業を展開するミクシィのモバイルゲーム『モンスターストライク』(モンスト)。コロナ禍の取り組みを聞いた前編に続き、後編では今後の戦略を探る。さらなる発展の鍵となるのは新たに始めるテレビCMと定番のコラボ。20年の「鬼滅の刃」に続き、21年は「呪術廻戦」とのコラボで、新規ユーザーの開拓や休眠ユーザーの掘り起こしも図る。

『モンスト』事業を率いるミクシィ執⾏役員/モンスト事業本部本部長の根本悠⼦⽒
『モンスト』事業を率いるミクシィ執⾏役員/モンスト事業本部本部長の根本悠⼦⽒
前編はこちら

「XFLAG PARK」もオンライン開催に

――エンタメ事業ブランド「XFLAG」を中心としたイベント「XFLAG PARK」はオンライン開催となりました。

根本悠子氏(以下、根本氏) XFLAG PARKは例年7月に実施してきましたが、20年は東京オリンピック・パラリンピックと重なるため、もともと『モンスト』の周年イベントを行う10月開催で準備を進めていました。

 例年なら夏前にXFLAG PARKの開催内容を告知してきましたが、こちらとしても状況を読み切れず、オンラインへ移行するかどうかの決定と、それに合わせたユーザーへの告知をいつどのような形ですべきか、逡巡(しゅんじゅん)しました。

――オンラインで実施する上での苦労は?

根本氏 リアルで開催していたこれまでのイベントもライブ配信を実施していました。しかし、リアルはなし、配信のみとなったとき、従来と同様、ただステージの様子を配信するだけでいいのかが議論となりました。

 リアルイベントの醍醐味は、友達や同じゲームを好きな人たちが集まって盛り上がる楽しさです。その体験が失われたのに、今までと変わらないライブ配信をするだけというのは違うのではないか。せめて友達と一緒にイベントを体験できるような仕組みが必要だというところに着地しました。

 そこから急ピッチで立ち上げたのが「XFLAG PARK CONNECT」です。1グループ当たり最大20人まで、同じライブ配信を見ながらボイスチャットができるWebサイトで、離れた場所にいても会話を交わしながらイベントを楽しめるのが特徴です。

「XFLAG PARK CONNECT」には、ライブ配信を⾒ながらボイスチャットで友達と話せる機能を組み⼊れた
「XFLAG PARK CONNECT」には、ライブ配信を⾒ながらボイスチャットで友達と話せる機能を組み⼊れた

――手応えは?

根本氏 初めての試みでしたからXFLAG PARK CONNECTでしかイベントを見られないという形にするつもりはなく、ユーザーは通常のライブ配信も選べるようにしました。それでも利用率は高く、インタラクティブなコンテンツにもたくさんの方に参加していただけるなど、楽しんでいただけたと感じています。

 みんなが集まる機会はオンラインになってもやはり不可欠です。ユーザーからの意見で印象的だったのは「(XFLAG PARKを)開催してくれてありがとう」「こういう場をつくってくれてうれしい」といった声でした。中止という選択肢もある中で開催したことに温かい反応がたくさん寄せられました。開催に関わった者にとって「やってよかった」という実感を抱けたことは素直にうれしい体験でした。

ミクシィの持ち味を生かして有事に対応

――オンラインでも例年と変わらない成果を得られたということでしょうか?

根本氏 もちろんオフラインとまったく同じというわけにはいきませんでした。しかし、制約のある中でも、コミュニケーションをハブにして活動するミクシィという企業の持ち味を生かすことはできたと自負しています。

 個人的な話をさせてもらえば、今回の件では11年の東日本大震災での体験を思い出しました。未曽有の災害で電話がつながらない中、SNS「mixi」で安否確認をしようとするユーザーのアクセスが急増したんです。そのとき、社内に残っていたメンバーで、非常時に役立つような機能を盛り込む作業をしました。

 コロナ禍だからこその対策を考えるのは、あのときに通ずるものがあるような気がします。急ごしらえとはいえ、XFLAG PARK CONNECTを実用に足るクオリティーで提供できたことは、SNSを運営し、ものづくりのカルチャーを長年育んできたミクシィの強みであり、DNAだと感じました。

――XFLAG PARK CONNECTのようなシステムはリアルイベントが可能になった後も活用できるでしょう。結果的にイベントを通じたコミュニケーションの幅が広がったのでは?

根本氏 その通りですね。ミクシィは「コミュニケーションを通じて世界を鮮やかに変えていく」ことをミッションとし、中でも『モンスト』は「エンターテインメントを通じて、『ひとりじゃない世界』をつくろう!」というスローガンを掲げています。

 コロナ禍というある種の有事の中でコミュニケーションやエンターテインメントの幅が狭められている現状がありますが、それでもそのミッションやスローガンを達成しようといろいろな方法を模索しています。

 XFLAG PARK CONNECTをはじめとする新たな機能や知見は、コロナ禍だからこそ得られたという面はありますし、新しい生活様式の下での余暇時間の過ごし方として『モンスト』を想起してもらえていることにその努力が報われているとも感じています。