2020年度(2021年3月期)通期の予想で、売上高2900億円(前年比11.3%増)、営業利益400億円(前年比21.1%増)と好調なスクウェア・エニックス。コロナ禍による企業経営のかじ取りが未知の領域に入りつつも、在宅勤務制度や開発体制の見直しなどに積極的に取り組む。アフターコロナのゲーム企業の方向性について松田洋祐社長に聞いた。

スクウェア・エニックス・ホールディングス/スクウェア・エニックス 代表取締役社長の松田洋祐氏
スクウェア・エニックス・ホールディングス/スクウェア・エニックス 代表取締役社長の松田洋祐氏

――コロナ禍の影響がいろいろな場面であったと思います。20年度のこれまでを振り返っていかがですか。

松田洋祐氏(以下、松田氏) 20年度の業績という観点では、コロナ禍の影響は限定的でした。『FINAL FANTASY VII REMAKE』(以下、FFVII REMAKE)は、製造から販売までのルートを確保し、20年4月10日に予定通り発売できたことで、20年度の業績に貢献しました。

『FINAL FANTASY VII REMAKE』(c) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA/ROBERTO FERRARI LOGO ILLUSTRATION: (c) 1997 YOSHITAKA AMANO
『FINAL FANTASY VII REMAKE』(c) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA/ROBERTO FERRARI LOGO ILLUSTRATION: (c) 1997 YOSHITAKA AMANO

 『FFVII REMAKE』のように発売直前まで制作が進行していたタイトルよりも、開発途中のタイトルのほうが、コロナ禍のインパクトが大きいと考えており、現段階でもその影響を引きずっている状況です。

 「巣ごもり消費」の効果による一過性の要因によって、ゲーム業界全体として売り上げが伸びている印象を持たれがちですが、経済全体を俯瞰(ふかん)した場合、コロナ禍の状況が続くことは健全な状態ではないと思います。コロナ禍による混乱を早期に収束させ、消費と景気が回復していくことを望んでいます。

――第3四半期決算の業績で、過去最高を記録していますが、これは実力ではないと?

松田氏 いえ、そうではありません。通期で営業利益400億円から500億円を安定的に達成できる事業構造の確立に取り組んできた成果が、20年度の第3四半期決算までの業績に表れていると思います。

 20年度においては、HD(High Definition)ゲームで『FFVII REMAKE』などの新作だけでなく、すでに発売済みのカタログタイトルも売り上げ好調でした。MMO(多人数参加型オンライン・ロールプレーイング・ゲーム)では拡張パッケージの発売がなかったものの、安定した収益水準を維持できました。さらに、スマートデバイス・PCブラウザーゲームや出版事業も好調に推移しました。

 個別タイトルでのパフォーマンスにばらつきはあるものの、全体としては当初の計画通りに推移しています。コロナ禍による巣ごもり消費で好調といった一過性の要因もあるとは思いますが、当社の経営基盤として底堅い収益基盤が確立しつつあることが主な要因であると考えています。

――コロナ禍の影響は軽微だったということですか。

松田氏 20年度の業績においては、コロナ禍の影響は軽微に見えると思います。その要因は、リリース直前まで制作が進行していた『FFVII REMAKE』の発売による収益貢献だけでなく、前期までに開発費の償却が終わっているカタログタイトルの利益貢献の底堅さといったゲームビジネス特有の強さに支えられたことです。

 一方で、新作タイトルの開発に関しては、開発のフェーズによって影響の多寡はあります。特に、開発後期のポストプロダクションの段階に差し掛かっている場合、かなりの影響を受けるケースも散見されます。デバッグ(品質管理)やチューニングを含めた業務を、リモートワークで進めるのはなかなか難しいと認識しています。

 近年、ゲーム開発は自社単独で完結することが難しくなってきています。例えば、QA(品質保証)の業務を社内だけで完結することはできません。世界中の拠点でQAを実施しており、ある地域のQAチームがコロナ禍の影響で作業を遂行できなくなってしまうと、全体のスケジュールに影響が及びます。

 ほかにも、出演する声優がコロナ対策で2カ月間にわたりスタジオに入れなくなった場合は、開発計画全体を再度見直す必要があります。特に、多言語対応しているタイトルだと、どの国や地域において開発の進行が滞るか分からないというリスクを内包しています。

 以前であっても、計画通りにゲーム開発を進捗させることはなかなか大変なことなのですが、今回のコロナ禍における突発的な対応が発生しています。この影響が顕在化してくるのは21年度(22年3月期)以降になるのではないかと考えています。20年時点でこうした影響が出そうだと把握していたので、21年度に発売を計画していたHDゲームからスマホゲームに至るまでのラインアップのすべてを見直しました。

――その見直しは終わりましたか。

松田氏 随時実施しています。不規則な対応が発生した際に備え、開発の遅れに対してキャッチアップできるかの確認を常に行っています。