NTTドコモは「eスポーツ」事業へ参入し、2021年1月からリーグブランド「X-MOMENT(エックスモーメント)」を立ち上げた。大会をどう活性化し、さらには次世代通信「5G」の普及拡大や同社のブランド浸透にどうつなげていくのか。同社のeスポーツ事業をけん引する森永宏二氏に聞いた。

NTTドコモのeスポーツリーグ「X-MOMENT(エックスモーメント)」のWebサイト
NTTドコモのeスポーツリーグ「X-MOMENT(エックスモーメント)」のWebサイト

――NTTドコモが2019年に東京ゲームショウ(TGS)で見せた5Gと組み合わせた展示ブースは印象的でした。それを含め、ここ数年のゲーム業界との関わりについてお聞かせください。

森永宏二氏(以下、森永氏) 19年のTGSにNTTドコモとしては数年ぶりにブースを出し、eスポーツという文脈で参加しました。ちょうどラグビーワールドカップ(W杯)があり、そこでは5Gを使ったさまざまな試みをすることになっていました。そこでTGSでも、eスポーツを通して5Gの実証実験をしようと考えたのがきっかけです。

NTTドコモ ビジネスクリエーションeスポーツビジネス推進担当課長の森永宏二氏
NTTドコモ ビジネスクリエーションeスポーツビジネス推進担当課長の森永宏二氏

 5Gのメリットを来場者に理解してもらうために、ゲームは最適です。カプコンと共同で『ストリートファイターV』の対戦をAR(拡張現実)で視聴する展示をしました。他にも格闘ゲームの大会『EVO Japan 2018』『EVO Japan 2019』にスポンサーとして参加しました。『EVO Japan 2018』では、5G回線と有線とを比較したブースを展示しました。

5Gなら快適にプレーできる

――なぜeスポーツに注目したのでしょうか。リーグ立ち上げの背景と狙いを教えてください。

森永氏 高速大容量・低遅延・多接続という特長を持つ5Gと、eスポーツは親和性が高く、一緒に普及拡大していく可能性が高いと思っています。例えば、現在は無観客試合でeスポーツの大会を実施していますが、視聴者の中には、その場で一緒に観戦したいというニーズはあるはずです。

 5Gの能力を活用し、例えばVR(仮想現実)やARで視聴するとなれば、大容量通信が必要となります。低遅延についてはゲームプレーヤーにモバイル通信でも対戦ゲームが快適にプレーできることを伝えていきたいですね。

 5G回線が普及していくことで、アプリケーション側も変わっていくと思われます。現状は4Gに合わせてアプリ開発やサービス運用が進んでいますが、5G回線や5G対応スマホが広がっていくことで、それを前提として開発された進化した高度なアプリが登場してくるでしょう。

――eスポーツリーグによってビジネス上ではどんな成果が期待できるとお考えでしょうか。

森永氏 5Gの認知度を上げることや、NTTドコモがアプローチしきれていなかった若者層へのアピールという目的もありますが、リアルスポーツと同様に、スポンサー収益や放映権の収入、グッズ、チケットの販売などでしっかりとしたビジネスにつなげていきたいと考えています。ゆくゆくは単体での黒字化を狙います。

――具体的にeスポーツリーグの取り組みをどう進めていきますか。

森永氏 X-MOMENTというブランドで、さまざまなタイトルのeスポーツ大会を開催していきます。第1弾として『PUBG MOBILE』のプロリーグ「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE(PMJL)」というリーグを21年2月から開始しました。イメージとしてはサッカーのJリーグ、バスケットボールのBリーグ、卓球のTリーグと一緒で、プロのチームに参加してもらい、1年を通じて優勝を争ってもらいます。21年3月からは『レインボーシックス シージ』のプロリーグ「Rainbow Six Japan League(RJL)」も始まっています。

シューティングゲーム『PUBG MOBILE』のプロリーグ「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE(PMJL)」の画面例
シューティングゲーム『PUBG MOBILE』のプロリーグ「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE(PMJL)」の画面例

 PMJLとRJLでは、年間を通じて争われるリーグを勝ち抜いたチームが世界大会への出場権を得ることができます。各地域の代表チームが争う世界大会とX-MOMENTがつながり、日本のチームが世界へ進出するための懸け橋となるわけです。

 世界で日本のチームが活躍し、日本にこんなすごいリーグがあるのかと世界から注目されるようになれば、海外から参加したいという選手も出てくるでしょう。海外の有力選手がX-MOMENTに参加することで、さらにリーグの魅力が高まっていくと思います。

 現段階では、多くの人に見てもらうことが最も重要な課題です。そのために複数のプロモーションも行っています。コロナ禍でオフラインのイベントはなかなかできない状況ですが、VRやARの視聴体験など、見に行きたいと感じさせる新機軸にも取り組んでいきたいですね。