本連載では、方法論としてのデザイン思考をどうやって企業の具体的なイノベーションに結び付けるかを学んでいく。今回は戦略について解説する。数値目標やビジョン、スローガンは戦略ではない。戦略を理解し、明確にすることで、価値創造をスムーズに行えるようになる。

戦略とは「なぜ、この仕事をやらなければいけないのか」への回答(画像)

前回(第2回)はこちら

 本連載では、新しい価値を創造するためのイノベーション戦略というテーマで、イノベーション実現に関わる人を対象に、関連知識や理論を紹介しています。前回までは戦略構築の際に重要な外部環境と内部環境について大まかに理解するため、企業のイノベーション活動を3つの視点、すなわち(1)個人やチーム単位のマイクロレベル、(2)事業部や組織単位のメゾレベル、(3)業界や地域・社会単位のマクロレベル、で紹介しました。前回も戦略構築について触れましたが、今回はビジネスにおいて欠かせない戦略(Strategy)そのものに焦点を当てていきます。

戦略とはビジョンに近づくための意思決定基準

 もし、戦略のない状態でプロジェクトや事業が始まると、社員からは次のような疑問が生まれてきます。「今やっている仕事がなぜ重要なのか分からない」「この業務を続けたところで、将来的に成果が出るとは思えない」といった声です。逆に戦略があれば「どうすれば価値の高い仕事をこなせるのか」に対して明確な方向性を意識することができます。戦略とは何かを理解し、適切な戦略を持つことで、顧客や社会に対する価値創造がスムーズに行えます。

 もちろん「戦略」と一口に言ってもその対象範囲は広く、他社との差異化を図る事業部単位の戦略もあれば、社会的/経済的な繁栄を意図した国家単位での戦略もあります[1]。今回はイノベーション活動における戦略に焦点を合わせ、以下の3つの点について紹介します。(1)戦略とそうでないものを分ける考え方、(2)戦略の重要性、(3)戦略構築に向けた取り組み、です。

 企業における戦略を考えたとき、その種類は大きく全社戦略(Cooporate Strategy)と事業戦略(Business Strategy)の2つに別れます。全社戦略の焦点は「どの業界に軸足を置くのか、なぜその業界なのか」であり、事業戦略の焦点は「特定の業界内でどうやって他企業と差異化を図るか」となります。全社戦略の構築と事業戦略の構築では当然ながら詳細に違いが出てきますが、戦略は現場レベルでの意思決定の指針となるものでなければなりません。理解を深めるために、まずは何が戦略ではないかについて触れたいと思います。