本連載では、方法論としてのデザイン思考をどうやって企業の具体的なイノベーションに結び付けるかを学んでいく。まずはイノベーションとは何かを理解するため、統合的な視点について解説する。イノベーションといっても3つの活動単位で分けることができ、それぞれに課題がある。

方法論のデザイン思考を企業のイノベーション戦略に高めるには(画像)

 本連載の目的は、新規事業やイノベーション活動に取り組む読者の方へ、新しい価値を創造するために必要な「視点」を提供することです。これまでに連載してきた「デザイン思考ベーシック」では、イノベーションを生みだす方法論としてデザイン思考を取り上げました。デザイン思考の活用によって、イノベーションを実現させるうえで必要な知識の獲得や、それによってコンセプトをつくれることがお分かりいただけたと思います。

関連連載:デザイン思考ベーシック

 一方で、デザイン思考の活用には限界もあります。なぜなら、デザイン思考は主にチームレベルや事業部単位での活動を円滑にする方法論だからです。プロジェクトで見ると個人やチームで推進されることが多いのですが、企業がイノベーションを実現するには事業部の戦略や組織全体の文化・構造といった、より広い視点で社内の環境を理解することも重要です。さらに、その企業が所属する業界の動向や関連する地域・社会を含む社外の視点も欠かせません[0]

 そこで「デザイン思考プロフェッショナル」では、デザイン思考を活用する際に意識したい組織の内部環境と外部環境の両方を視野に入れ、より包括的な視点で新しい価値を創造するための「イノベーション戦略」について取り上げます。具体的には、(1)イノベーションにおける3つの活動単位とそれぞれの課題、(2)異なる活動単位を統合したイノベーション戦略の重要性、(3)イノベーション戦略の構築とその運用について言及します。

 まず今回から数回に分けて、(1)イノベーションにおける3つの活動単位とそれぞれの課題を解説します[1]。活動単位の1つ目が「マイクロレベル」です。内部環境の中でも特定の事業部内で形成されるチーム活動や、チームメンバー個人のスキルなどに関する領域です。デザイン思考は主に、このマイクロレベルでの活動が焦点となっています。2つ目はマイクロレベルよりも上位で、事業部や組織全体の目標や戦略を含む領域の「メゾレベル」です。3つ目が「マクロレベル」、外部環境である社会構造や特定の産業界の特徴を示す領域になります。

イノベーションにおける3つの活動単位(筆者作成)
イノベーションにおける3つの活動単位(筆者作成)

 デザイン思考の活用で、最も直接的に言及されるのがマイクロレベルです。このレベルでは、個人やチームという単位でイノベーション活動の円滑化を考えます。

 例えば、新規事業の開発チームを結成する場合に「リーダーとして適任なのは、どんな技術や経験があって、どんな社内外のネットワークを持っている人物か」と考えることは重要です。過去の研究結果でも、米アマゾン創業者であるジェフ・ベゾスなどのイノベーターは、平均的な業績を出している経営者よりも、現状を批判的に問いかける質問スキルや、異なる業界からの知見を取り入れる社外ネットワークが充実している傾向があると分かっています[2]

 また、そのリーダーを含むチーム全体の多様性がどの程度高いのか、チームメンバー全体がどの程度開発目標を適切に理解しているか、といった観点も同じく重要です。ただし、チームの多様性を高めると平均値よりも高いパフォーマンスが期待できますが、アウトプットの質にバラつきが出るためパフォーマンスが安定しないという側面があります[3]

 仮に多様性が低いチームの目標達成率が常に80%だとしたら、多様性が高いチームは時に120%だったりしますが、40%だったりすることもあります。どの程度リスクを取れる新規事業かによって、どのようなチームを構成するかも考える必要があります。