ヘアピンのように髪の毛に装着し、振動と光によって音の特徴をユーザーに伝える新しいデバイス「Ontenna」の開発者である富士通の本多達也氏は、「夢を実現させるためには、周りの“共感”を生み出すことが大切」という。多くの人々を巻き込み、動かすための「共感」を生み出すヒントを紹介する連載の第1回は、「熱量を共有する」ことの重要性について。

リズムと音を感じる新体験

(イラスト/Han Yun Liang)
(イラスト/Han Yun Liang)

 2017年11月中旬の夕暮れ時、東京・渋谷の駅前に集まる大勢の人。よく見ると、頭にはアクセサリー型の装置が取り付けられています。人々の視線の先には、プロのタップダンサー。ダンスが始まると、タップ音のリズムに合わせてリアルタイムにその装置が振動・発光し始めます。

 この装置は、音を体で感じることができる「Ontenna(オンテナ)」です。NPO法人ピープルデザイン研究所主催、渋谷区他共催の「超福祉展」で、タップダンスとOntennaのコラボレーションイベントが開催されました。

2017年11月の「超福祉展」。渋谷駅の駅前で、タップダンスとOntennaのコラボレーションイベントが行われた(画像クリックで動画が再生されます)

 タップの音が大きいときには強く、小さいときには弱く振動して光るので、手話や文字では表現が難しいタップダンスのリズムやパターンを、ろう者に伝えることができます。

 イベント参加者は重度聴覚障害者や難聴者を中心とした20~40代の男女20人のほか、ろう者の家族や兄弟姉妹、外国人や筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者といった健聴者も約10人。参加したろう者からは、「タップのリズムを感じることができた」「音の強弱が分かった」といった声が、健聴者からは「振動による臨場感や、光による一体感を味わうことができた」という声が上がりました。

 Ontennaがあることで、耳の聞こえる人も聞こえない人も、一緒に笑顔で楽しくなれる。今までありそうでなかった、新しい体験が生まれました。

「Ontenna」は、振動と光によって音の特徴を体で感じるアクセサリー型の装置。髪の毛や耳たぶ、襟元や袖口などに付けて使う。特徴は、音の大きさを振動と光の強さにリアルタイムに変換し、リズムやパターン、大きさといった音の特徴をユーザーに伝達できること。さらに、コントローラーを使うと複数のOntennaを同時に制御でき、ユーザーごとに任意にリズムを伝えることも可能。

 この様子はさまざまなメディアやSNSなどで大きな話題となりました。19年の24時間テレビでは、浅田真央さんがろう学校の子どもたちと一緒にタップダンスをする企画があり、リズム練習の際にOntennaが活用されました。浅田さんのタップダンスのリズムに合わせて、子どもたちが身に着けたOntennaが反応。みんなでタイミングを合わせる練習をしていました。本番では、浅田さんとろう学校の子どもたちの息がぴったり合った、渾身(こんしん)のダンスを披露。心から感動しました。

星野源さんも共感! ろう者のための「うちで踊ろう」

20年6月にNHK Eテレで放送した「ろうを生きる 難聴を生きる」という番組。星野源さんの「うちで踊ろう」の音楽とOntennaが連動するダンスコンテンツを本多氏が企画した。振り付けは、聴覚障害を持つダンサーのemiさんが担当(画像クリックで別サイトへ、出所:NHKハートネット)
20年6月にNHK Eテレで放送した「ろうを生きる 難聴を生きる」という番組。星野源さんの「うちで踊ろう」の音楽とOntennaが連動するダンスコンテンツを本多氏が企画した。振り付けは、聴覚障害を持つダンサーのemiさんが担当(画像クリックで別サイトへ、出所:NHKハートネット)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、ろう学校に行けない日々が続き、ろうの子どもたちもストレスを抱えていました。そこで、耳の聞こえない子どもたちでも家にいながら楽しく身体を動かせるように、Ontennaと連動するダンスコンテンツを作成することにしました。選んだ曲は星野源さんの「うちで踊ろう」。誰もが一度は耳にしたことのあるこの音楽を、耳の聞こえない子どもたちにも届けたいと思ったからです。

 思い立ったらすぐ行動! 以前つながりのあった芸能事務所のアミューズに連絡したところ、星野さんご本人も企画に共感してくださって、音楽の使用を快諾。ダンスの振り付けは、自身も聴覚障害を持つダンサーのemiさんにお願いしました。星野さんの独特のリズムとemiさんのダンス、Ontennaの振動と光がリンクするようにプログラムし、音楽に合わせてビートをつかめるようにしました。

 ろう学校の子どもたちに送付し、自宅で使ってもらったところ、「音楽のリズムが分かってダンスが楽しくなった」「夢中になって2時間もずっと踊っていた」といったうれしい感想をもらうことができました。この様子は、20年6月にNHKのEテレ「ろうを生きる 難聴を生きる」という番組で放送され、子どもたちのダンスを見た星野源さんご本人からの手紙も紹介されました。子どもたちが一生懸命ダンスを踊る姿は、SNSでも大きな話題となりました。

 Ontennaはこのほかにもスポーツ、映画、伝統芸能といったエンターテインメント分野で広く使用されています。また、全国約8割のろう学校に導入され、発話練習やリズム練習といった音教育で活用されています。

 このOntennaの研究開発を始めたのは、今から8年前。「ろう者に音を届けたい」という思いで研究を始め、富士通に入社して製品化を実現しました。研究、テストマーケティング、量産、そして販売までを一通り経験させていただいて、今感じているのは、「夢を実現させるためには、周りの“共感”を生み出すことが大切である」ということです。

 本連載では、Ontennaプロジェクトの経験から紡ぎ出した共感を生み出すヒントをご紹介いたします。多くの若手イノベーターや企業の方々がこの連載を通じて共感を生み出すヒントを見つけ、さらに「自分たちもチャレンジしてみたい」と行動したくなる、そんな記事を目指しています。

 記念すべき第1回の共感を生み出すヒントは「熱量を共有する」です。