2021年4月に放送を開始したオリジナルのTVアニメシリーズ「オッドタクシー」。緻密な伏線や会話劇の妙で放送中盤から加速度的に注目を集め、最終回の意表を突く展開で、放送終了後からさらに人気を伸ばした。22年4月1日には『映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ』も公開。脚本を手掛けるのは、漫画『セトウツミ』(秋田書店)や映画『ブラック校則』の脚本で知られる此元和津也氏。注目の作家に脚本執筆の裏側を聞いた。

やや偏屈で無口なタクシー運転手・小戸川(おどかわ)が運ぶ、ひと癖ある乗客たち。彼らとの何気ない会話がやがて、ある少女の失踪事件の謎へとつながっていく
やや偏屈で無口なタクシー運転手・小戸川(おどかわ)が運ぶ、ひと癖ある乗客たち。彼らとの何気ない会話がやがて、ある少女の失踪事件の謎へとつながっていく
漫画家・脚本家 此元和津也氏
このもと・かづや。2006年に初めて描いた短編漫画がアフタヌーン四季賞に準入選、2作目が幻冬舎コミックス新人漫画賞を受賞し、デビュー。13~17年に連載した『セトウツミ』(秋田書店)で第18回手塚治虫文化賞の読者賞にノミネート。18年よりP.I.C.S. managementに参加し、映画およびドラマの『ブラック校則』で本格的に脚本家としての活動を開始
TVアニメシリーズ「オッドタクシー」。21年4~6月にテレビ東京で放送。監督は本作が初のTVアニメ監督作品となった木下麦氏。主演の小戸川役の声優にはアニメ「鬼滅の刃」竈門炭治郎役で知られる花江夏樹氏、アニメーション制作はP.I.C.S.とOLMが手掛ける
TVアニメシリーズ「オッドタクシー」。21年4~6月にテレビ東京で放送。監督は本作が初のTVアニメ監督作品となった木下麦氏。主演の小戸川役の声優にはアニメ「鬼滅の刃」竈門炭治郎役で知られる花江夏樹氏、アニメーション制作はP.I.C.S.とOLMが手掛ける
『映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ』。22年4月1日公開。TVシリーズを新たな視点から再構築し、最終回のその後のストーリーも明かされる
『映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ』。22年4月1日公開。TVシリーズを新たな視点から再構築し、最終回のその後のストーリーも明かされる

──受注生産形式で販売したBlu-rayボックスの受注数が6000を超えるなど、「オッドタクシー」は放送終了後からさらに人気を伸ばしています。脚本家として、視聴者の熱狂の理由をどのように捉えていますか?

 当初は、回を追うごとに小さな謎を積み上げていく「オッドタクシー」の物語構成について、今どきのはやりからはズレているのではないかと懸念がありました。けれど蓋を開けてみれば、多くの人が謎を考察しながら楽しんでくれた。各回のストーリーは特に「引き」を意識し、先の展開がどうなるのか、作者にもはっきりとは分からない状態で書き進めていました。その中で最後の着地がうまく決まったことが、放送終了後の盛り上がりを生んだ一番の要因ではないかと思います。初期の放送を逃した人も、配信で一気見できる環境が整っていたのも大きかった。

──ポップな動物の姿で描かれるキャラクターたちの見た目の印象とは裏腹に、現代社会のひずみや犯罪といったダークなテーマを扱う点も注目を集めました。

 「見た目と内容のギャップを狙いたい」という意向は、木下麦監督からも当初から聞いていて、そのうえでどこまでシリアスに踏み込むべきか、バランスを取りながら書き進めていきました。キャラクターをすべて動物で描くという基本コンセプトや、各キャラクターの原案は監督が先に準備や作画を進めていて、そのイメージを基に設定や物語を構成していく部分からが僕の仕事でした。

 そもそも、なぜ動物の姿をしたキャラクターたちが人間と同じように社会生活を営んでいるのか? その前提の部分に引っ掛かりを覚えていました。だって、腑(ふ)に落ちないでしょう? どうして主人公はセイウチで、セイウチがタクシーの運転手をしているのか(笑)。

 最終的にストーリーの中に組み込むにしろ、組み込まないにしろ、現代的でリアルな物語を展開するなら、「なぜ動物なのか」という疑問に対する世界観の設定は必然だと、最初の時点で思いました。

「オッドタクシー」の世界を生きるキャラクターたちはなぜ動物の姿をしているのか。いわゆる「動物アニメ」の盲点をつく設定が、作品全体の方向性を決めた
「オッドタクシー」の世界を生きるキャラクターたちはなぜ動物の姿をしているのか。いわゆる「動物アニメ」の盲点をつく設定が、作品全体の方向性を決めた

──22年4月1日から、『映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ』も公開となります。

 映画版の制作に当たっては、TVアニメ版の再構成部分に対して「ただのダイジェストにはしたくない」という難しいオーダーがあり、映画の尺の中でいかに情報を整理し、面白い見せ方ができるかに挑んでいます。TVアニメ版のファンが見ても、構成や展開の意外性を楽しんでもらえる作品になっていると思います。

「僕は死にかけているんじゃないか?」

──現在は脚本家としても活躍する此元さんですが、創作活動は2006年に「月刊アフタヌーン」(講談社)のアフタヌーン四季賞に入選し、漫画家としてスタートしています。そもそも漫画家を目指したきっかけは?

 当時、僕には漫画家を目指していた友人がいて、その友人から「お前も漫画を描くのに向いていると思うから、やってみたらどうか」と勧められたことがきっかけでした。

──絵の経験はそれ以前からあったのですか?

 正直に言うと、それまで絵や漫画をまともに描いたことはありませんでした。初めて描いた漫画で入選し、漫画家デビューをして、その後はしばらく、原作のある作品のコミカライズの仕事をしていました。作画は最初から割とスムーズでしたが、オリジナル作品を描くまでは少し時間がかかりましたね。

此元和津也『テリトリー』(幻冬舎コミックス)。漫画誌掲載1作目となった「ダミー」も収録する短編集
此元和津也『テリトリー』(幻冬舎コミックス)。漫画誌掲載1作目となった「ダミー」も収録する短編集

──自身の創作の原動力はどこから来ていると思いますか?

 とにかく人間が好きというのは根底にあるかもしれません。人間性に興味があって、人の感情が動くのを見たい。怒っている人を見たりするのも好きなので、そういう点では僕は性格が悪い(笑)。

 創作中、必死で作品に向き合っていると「もしかして、僕は死にかけているんじゃないか?」と思ったりします(笑)。考えていると頭がどんどん痛くなってきて、「この痛みがこのまま続いたら死ぬな……」という状態になってくる。その痛みから抜け出すために、死なずに生き続けていくために、物語のアイデアを生み出しているのではないかと。

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
4
この記事をいいね!する

日経トレンディ8月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2022年8月号
【巻頭特集】創刊35周年記念 家電・文房具・日用品 歴代ヒット&最新ベスト
【Special】ライゾマティクス 真鍋大度氏 インタビュー
【Special】ビームスクリエイティブ社長 池内光氏 インタビュー
発行・発売日:2022年7月4日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する