楽天モバイルやUQモバイル、ワイモバイルの値下げによって、存在感を失いつつあったMVNO(仮想移動体通信事業者)。しかしここにきて、大手に対抗する料金プランが次々に発表されている。通話かけ放題付き、データ専用の格安型、映像配信サービスのカウントフリーなど、特色別に一芸格安SIMを紹介する。

※日経トレンディ2021年4月号の記事を再構成

マイネオは、新料金プラン「マイピタ」を発表
マイネオは、新料金プラン「マイピタ」を発表

前回(第8回)はこちら

 長らく「格安SIM」と言われていたMVNO(仮想移動体通信事業者)。2021年に入って楽天モバイルやUQモバイル、ワイモバイルの値下げによって、「格安SIMの方が高い」という逆転現象が各所で起きていた。しかしここにきて、大手に対抗する料金プランが次々に発表されている。

サブブランドや楽天モバイルに対抗するMVNOが徐々に出てきた
サブブランドや楽天モバイルに対抗するMVNOが徐々に出てきた
一般的な特徴を編集部でまとめた。MVNOの通信速度はサービスごとに異なるが、一般論として「遅くなりやすい」とした。KDDIのサブブランドはUQモバイル、ソフトバンクのサブブランドはワイモバイル

 老舗MVNOの日本通信は、20年12月のNTTドコモ「ahamo」発表の翌日に、20GBで1980円(月額・税別、以下同)の「合理的20GBプラン」を発表。同社の福田尚久社長は、「総務省の要請に応えて、大手が21年には新プランを出すともともと予想していた。おかげで大容量の低料金プランをいち早く発表できた」と言う。21年1月以降は、mineo(オプテージ)やIIJmio(インターネットイニシアティブ)、BIGLOBEモバイル(ビッグローブ)などMVNO大手が次々に料金プランを改定している。

大手の20GBプランへの主な対抗プラン
大手の20GBプランへの主な対抗プラン
20年12月以降に発表されたMVNOの新プランのうち幾つかを編集部で抜粋

 料金だけを見ると「1GBまで無料」の楽天モバイルにかなわないが、楽天モバイルはまだエリアの人口カバー率が低く、メイン回線とするには不安が残る。一方でMVNOは、ドコモやKDDI、ソフトバンクのMNO(移動体通信事業者)から通信回線を借りてサービスをしているので、人口カバー率は99%以上ある。混雑時に速度が落ちる傾向はあるが、つながりやすさは楽天モバイルよりも上と言える。

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
1
この記事をいいね!する

日経トレンディ12月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年12月号
【巻頭特集】2022 ヒット予測100
【第2特集】2021 ヒット商品ベスト30
【第3特集】シティポップ×レコード再ブームの理由
【インタビュー】なにわ男子/山田裕貴/有村架純
発行・発売日:2021年11月4日
特別定価:790円(紙版、税込み)
Amazonで購入する