NTTドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアのスマホ料金プランは、主に「無制限」「20GB」「小容量段階制」の3種類に分かれ、さらにサブブランドも料金プランの一つとして見なせるようになった。家族構成や光回線の有無、通話オプションの必要性などによって変わる、各キャリアの“損益分岐点”を考察した。初回はNTTドコモ編。

※日経トレンディ2021年4月号の記事を再構成

前回(第4回)はこちら

 2021年4月1日までに順次スタートする3大キャリア各社の料金メニューは、大まかに言って「無制限プラン」「20GBプラン」「小容量(1GB〜)段階制プラン」の3種類。この他、「サブブランド」であるUQモバイルやワイモバイルも、同じ会社内なら移行手数料が無くなり、料金プランの一つとして見なせるようになった。

小容量段階制プランの存在意義は薄れた
小容量段階制プランの存在意義は薄れた
21年3月上旬時点で発表済みの3大キャリアの料金(加入受け付けを今後始めるプランも含む)。金額は月額・税別。家族契約、光回線セット、2年契約などによる割引は含まない。auのサブブランドはUQモバイル、ソフトバンクのサブブランドはワイモバイルの料金

 そして各社の20GBプラン(NTTドコモ「ahamo」、au「povo」、ソフトバンク「LINEMO」)の登場により、家族割引を最も重視する人を除いて、小容量段階制プランの必要性はほぼ消滅。ほとんどの利用者は、無制限、20GB、サブブランド(3GB、15GB、25GB)からデータ使用量に合わせてプランを選べばよくなった。

 しかし、単純に「いつも約25GB使っているから20GBプランより無制限プランがよい」とは限らない。またサブブランドの15GB、25GBプランと3大キャリアの20GBプランのどちらがよいかも一概には言えない。家族構成や光回線の有無、通話オプションの必要性などによって、その“損益分岐点”は少しずつ違うからだ。例えばワイモバイルの「シンプルM」は15GBで2980円(月額・税別、以下同)と、20GBで2480円のLINEMOより高いが、光回線割引が使えるなら1900円とシンプルMが逆転する。

 また、新しい20GBプランには幾つか共通の弱点があるので、事前に知っておくべき。まず重要そうなのが、「@docomo.ne.jp」「@au.com/@ezweb.ne.jp」「@softbank.ne.jp」など、通信事業者独自のメールアドレス(キャリアメール)が無いことだ。また留守番電話機能が使えず、海外ローミング対応は限定的(povoは対応未定)。店頭でのサポートも基本的には受けられない。そして細かいことではあるが、ahamoは20歳未満、LINEMOは18歳未満では本人名義の契約ができない。子供にahamoを使わせる場合は親権者が契約をして、子供の名前で「利用者登録」をするという手続きが必要になる。povoでは、契約できる年齢は未定だ。

見えてきた「20GB」3プランの細かな違い
見えてきた「20GB」3プランの細かな違い
注)21年3月上旬までの発表内容による。通話料金は3社とも30秒20円。LINEMOは通話無料オプション(表中の*マーク)を1年間限定で500円引きにするキャンペーンを実施。povoは21年夏までに契約すれば家族割引の対象回線にカウントする。サービス開始日はahamoが3月26日、povoが3月23日、LINEMOが3月17日

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
1
この記事をいいね!する

日経トレンディ10月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年10月号
【巻頭特集】業務スーパー、カインズ、ワークマン大研究
【第2特集】家電のサブスク お得度チェック
【ヒット商品連載】ニコン「Z fc」、BMW「MINI」 他
【人気連載】40代おじさん白書 ロンブー田村淳に聞く
発行・発売日:2021年9月3日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する