イノベーションとは、社会課題の本質に気づき、その課題解決に果敢に挑戦する過程で生まれるもの。この実現に有効なのが、デザインマネジメントという考え方だ。この連載では3回に分けて「デザインマネジメントがイノベーションに必要な理由」「事業創造のための2つの視点はデッサンで養う」「イノベーションに不可欠な『自己再定義』とは何か」を解説する。本講座を読み、さらに興味を持った読者向けに、筆者による「デザインマネジメントによるイノベーター育成講座」も4月からオンラインで開講する。

 「デザインマネジメント」という言葉をご存じだろうか。以前に比べれば、「デザインマネジメント」は日本のビジネスシーンにおいて、かなり理解を得られてきたと感じている。「デザインとは、ただ色や形を整えることではない」ということは、すでに多くの人が理解していることであろう。

 では、そもそも、デザインマネジメントとは何なのだろうか。 連載初回では、その肝の部分をお伝えしたいと思う。

デザインは社会と密接につながっている

 まず前提の話をしよう。

 日本においての大きな課題は、教育体系の中にデザインという文脈での教え方がないことだ。海外に見られるデザイン教育は、デザインというよりリベラルアーツや宗教も含めた根底教育のようなものが基本にある。美学であるとか、人は何を信じて動くのかなどといったことが、実は社会と密接につながっているということを学ぶのだ。しかし日本では、そういった実感がないままなので、自分たちは何を大切にすべきなのかということになかなか目を向けることができない。

慶応義塾大学大学院の田子學・特別招聘教授。アートディレクター、デザイナーとして、イノベーションの実現を目指す企業へのデザインマネジメント導入を進めている
慶応義塾大学大学院の田子學・特別招聘教授。アートディレクター、デザイナーとして、イノベーションの実現を目指す企業へのデザインマネジメント導入を進めている

 日本は、ものづくりは巧みなのだが、どこかでフィロソフィーが抜け落ちてしまった。本質的な価値は何なのかという起点になるべきものが欠落してしまっているのだ。そのような中で、経営の効率化ばかりを追い求めた結果、ものを大量生産できる技術立国にはなったが、コピーしやすい製品ばかりが出来上がってしまった。今、アジア各国にいろいろな意味で追い上げられてしまっている原因はここにあるだろう。

 アートとデザインの違いをみなさんはどう考えるだろうか。アートとは、もともとは芸術家が創造した価値が、王や当主に認められることによって資産になっていくものだった。しかし、現代社会はそれほど単純にはできておらず、多くの人の多様な価値観によって社会が形成されている。デザインはそういった社会背景を捉えながら、必ず複数人でチームを組んで価値創造をするものなのだ。このような原理さえも、日本の教育ではなかなか教えるところがない。

 このような状況の中、デザインマネジメントが目指すものは何か。それは、本当の根底的な価値、そこに宿る価値をどう形成すべきかを考えることだ。デザインマネジメントとは、1つのプロダクトを作って終わりではない。そのプロダクトに介在するものすべてを含めた上で、関係性をひもときながらデザインしていくという考え方なのだ。