テレワークで生じる課題を解決し、作業をより効率化するアイテムが次々に登場している。ペンをパソコンにつなげるだけで手書き機能が使える「GridWork」はその代表格。ペンとマーカーが一体化した「Ninipie」や、手書きメモ+電卓の「Qurra BUREW K-mo book mini 3R-CNB02」など、複数の機能を組み合わせて、仕事に便利に使える文房具も増えている。

※日経トレンディ2021年3月号の記事を再構成

ただの蛍光ペンに見えるが、キャップを取ると便利な仕掛けがある。詳細は次のページで
ただの蛍光ペンに見えるが、キャップを取ると便利な仕掛けがある。詳細は次のページで

前回(第2回)はこちら

 テレワークやオンライン会議など、コロナ禍で新しいビジネススタイルが広まりつつあるが、思いもよらぬ課題も生まれている。そうした障壁を解決し、作業をより効率化するアイテムが次々に登場している。

GridWork(インターメディア研究所)

USBペンでなぞるだけ ビデオ会議でホワイトボードを活用

 オンライン会議での「伝えたいことが伝わらない」という悩みを解決するのが、インターメディア研究所が開発した「GridWork(グリッドワーク)」だ。コード付きのペンをパソコンのUSBコネクターに接続するだけで、Windows上で手書き機能が使えるようになる画期的なデバイス。オフィス系ソフトはもちろん、ZoomやTeamsでのホワイトボードにも対応する。最大の特徴は約1万円と手頃なうえ、ソフトのインストールなしで使えることだ。

 絵本や語学教材などで使われている二次元コード技術を応用したものだが、「コロナ禍での需要の高まりを受けて、急遽商品化した」(インターメディア研究所)。2020年8月にクラウドファンディングで募集を始め、目標の5倍以上の支援金を集めた人気商品だ。実勢価格1万780円(税込み。ジャストシステム直営サイトでの価格)。

キャンパス 復習がしやすいプリントファイル(コクヨ)

付箋も資料もひとまとめ 収納力に優れるファイル

 複数のポケットを備えた高機能ファイル。中高生向けに開発された商品だが、仕事でも十分に役立つ。メインポケットには約40枚もの用紙が入るほか、クリップで資料を留めておけばノートのようにめくって内容を確認可能。紙書類やメモを効率的にまとめられるのが利点だ。サブポケット部は鏡面仕様で付箋を貼りやすい。実勢価格440円(税込み)。

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する

日経トレンディ12月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年12月号
【巻頭特集】2022 ヒット予測100
【第2特集】2021 ヒット商品ベスト30
【第3特集】シティポップ×レコード再ブームの理由
【インタビュー】なにわ男子/山田裕貴/有村架純
発行・発売日:2021年11月4日
特別定価:790円(紙版、税込み)
Amazonで購入する