テレワーク時代の最強文房具。次は、デスク周りで役立つ8グッズを紹介する。「フリーアドレスバッグ」は、荷物をまとめて持ち運べる収納バッグでありながら、広いデスクに立てれば簡易的なパーティションとしても使える。「1日分のゴミ袋(貼るタイプ)」は、デスクの端などに貼れる使い捨てごみ袋。かゆいところに手が届く文房具が、仕事の生産性を高める。

※日経トレンディ2021年3月号の記事を再構成

前回「テレワーク時代の最強文房具(1) 持ち運びに優れる5グッズ」はこちら

テレワークノートPCカバー(カウネット)

作業スペースの移動もラクラク パソコンとグッズ類をひとまとめ

 マウスやUSBケーブル、イヤホンなど、仕事で使うアイテムをまとめて持ち運べるポケット付きのノートパソコンのカバー。付箋などを貼り付けられるボードが左側にあり、メモやタスク管理などにも役立つ。実勢価格3280円(税込み)。キーボードに傾斜をつけ、モニターの位置を高くできるスタンド付きタイプ(税込み3980円)もある。

meganemo(サンスター文具)

メガネと筆記用具を一緒に収納 持ち物を減らせるペンケース

 メガネケースが一体化した新発想のペンケース。メガネと筆記用具を別々に持ち運ぶ必要がなく、ビジネスバッグの中でもかさばらない。メガネケース部分の内生地はスエード調で、レンズなどを傷付けにくい加工が施されている。ブルーライトカットや老眼鏡など、必要な時だけ使うメガネの利用に特に向く。実勢価格2200円(税込み)。

isshoni. ノートデスク(ダイゴー)

キーボードの手前を有効活用 省スペースな横長ノート

 パソコンやキーボードの手前に置いて使える、ユニークな横長レイアウトのノート。リモートワーク時など、広いスペースを確保しづらい場所でも、パソコンを使用しながらノートを使うことができる。ノートは横罫、デイリーなどをそろえ、サイズはパソコンに合わせて13インチ用、15インチ用の2種が用意されている。実勢価格330円(13インチPC対応、税込み)。

フリーアドレスバッグ(カウネット)

パソコンも小物もまとめて移動 360度にガバッと開く箱型バッグ

 会議やワークスペースの移動時などに荷物をまとめて持ち運べる収納バッグ。中央から分割して360度に開く斬新なアイデアで、作業中でも小物を取り出しやすいのがメリット。複数のポケットやスマホスタンドなども備えており、機能性は高い。複数人が共用する広いデスクに立てれば、簡易的な仕切りとしても使える。実勢価格4280円(税込み)。

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する

日経トレンディ1月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2022年1月号
【巻頭特集】2022-2030 大予測
【第2特集】2022年のヒットをつくる人
【新商品連載】Apple Watch Series 7 他
【インタビュー】俳優・眞栄田郷敦
発行・発売日:2021年12月3日
特別定価:760円(紙版、税込み)
Amazonで購入する