デザイン経営 成功への道

デザイナーとクライアントの意思疎通が難しいのは、それぞれの立場が異なるからだろう。デザイナーは、どちらかといえばアーティスティックに考えがちだが、クライアントはビジネスの視点で考える。デザイン的に素晴らしいものが、ヒット商品につながれば互いにとって喜ばしいが、うまくいかない場合も多い。

東京都中小企業振興公社が企画した「デザイン経営スクール」で、「経営デザインシート」の作り方をデザイナーとクライアントが一緒に学んでいるところ(写真提供/東京都中小企業振興公社)
東京都中小企業振興公社が企画した「デザイン経営スクール」で、「経営デザインシート」の作り方をデザイナーとクライアントが一緒に学んでいるところ(写真提供/東京都中小企業振興公社)
今回のポイント

デザイナーとクライアントを同じ目線にする

前回(第8回)はこちら

 例えばデザイン的に素晴らしくても生産コストが高ければ、売れる市場は限定される。デザイン経営の時代は、デザイナーとクライアントの共創は必須。だが、互いの方向性が異なれば、いつまでも交わることがない。どうすべきか。

 1つのヒントがある。公益財団法人 東京都中小企業振興公社が、2020年11月から21年2月までの10回で開講した「デザイン経営スクール」だ。約20人が参加しており、座学やワークショップを中心とするなど、どこにでもありそうな講習会に見える。だが、参加者はクライアントが10人で、デザイナーが10人。互いに面識はなく、スクールで初めて顔を合わせたクライアントとデザイナーが、チームとなってデザイン経営を学ぶのだ。クライアントとデザイナーが同じ目線でデザイン経営を学べば、それぞれの立場が理解でき、意思疎通もスムーズにいくだろう。

 カリキュラムを見ると、「デザイン思考」の考え方や内閣府が作成した「経営デザインシート」の作り方、さらに「ブランディング」とは何か、「イノベーション」とは何か、「マーケティング」や「SDGs」(持続可能な開発目標)といったテーマが並んでいる。1つのテーブルに2人のクライアントと2人のデザイナーが座り、講義を聴いたり、ワークショップではディスカッションを行ったりしている。

今回のカリキュラム。「デザイン思考」「経営デザインシート」「ブランディング」「イノベーション」「マーケティング」や「SDGs」といったテーマがある(東京都中小企業振興公社のサイトより)
今回のカリキュラム。「デザイン思考」「経営デザインシート」「ブランディング」「イノベーション」「マーケティング」や「SDGs」といったテーマがある(東京都中小企業振興公社のサイトより)

 例えば20年12月11日の4回目はSDGsがテーマ。講師はゲーム形式でさまざまな課題を与え、デザイナーとクライアントがチームとなって解決策を話し合う。他のチームも巻き込みながら新たな解決策を探るなど、遊びながら学べるようだ。そこにはデザイナーとクライアントの関係はなく、1つの課題に向かって互いに知恵を絞ろうとする「ワンチーム」の姿があった。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>