世界最大のデジタル見本市「CES 2021」では出展者のプロダクトから優れたものを選ぶアワードを実施した。400弱のプロダクトが選出され、その中から27製品が「ベスト・オブ・イノベーション」に輝いた。今年はコロナ禍や環境対応への製品も目立った。

韓国LG電子のスマート冷蔵庫「LG InstaView ThinQ Refrigerator with Voice Recognition」の音声操作機能の説明(出所/CES2021、韓国LG電子)
韓国LG電子のスマート冷蔵庫「LG InstaView ThinQ Refrigerator with Voice Recognition」の音声操作機能の説明(出所/CES2021、韓国LG電子)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型コロナウイルスの感染拡大で家電や住設でも清潔が必須のキーワードになりつつある。ベスト・オブ・イノベーションでもそうしたプロダクトの受賞が見られる。

 韓国LG電子のスマート冷蔵庫「LG InstaView ThinQ Refrigerator with Voice Recognition」は、利用者ができるだけ接触しなくて済み、接触しても清潔に保つ仕組みを用意している。

 冷蔵庫のドアを開けたい時には音声を利用できる。「はいLG、ドアあけて(Hi,LG Open the door)」と言うだけで、自動でドアがあく。これらによって、ドアの取っ手を触る回数を減らすことができるだろう。

給水器の除菌機能の説明(出所/CES2021、韓国LG電子)
給水器の除菌機能の説明(出所/CES2021、韓国LG電子)
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに給水器にはUV(紫外線)LEDによる殺菌機能を備えた。利用時に毎回殺菌することで、給水ノズルのバクテリアを99.9%殺菌できるという。米国では冷蔵庫に給水器がついているのが標準的だ。