未上場のベンチャー企業に投資する、いわゆる“エンジェル投資”を個人でできるのが「株式投資型クラウドファンディング」。リスクは大きいが、将来の一攫千金もあり得る投資サービスだ。最大手の「FUNDINNO」は案件募集を拡大。新規参入も相次いでおり、2021年はさらに盛り上がりそうだ。

※日経トレンディ2021年2月号の記事を再構成

前回(第22回)はこちら

 投資したお金が将来、3倍、5倍、10倍に――。そんな一攫千金を狙えるのが、「株式投資型クラウドファンディング」だ。成長期待の大きいベンチャー企業の未上場株や新株予約権を10万円程度から購入できるサービスで、いわゆる“エンジェル投資”を個人でできる。2019年以降、最大手の「FUNDINNO」が投資案件数を着実に増やすとともに、「ユニコーン」や「イークラウド」といった新規サービスの参入も相次ぎ、21年は市場が一段と盛り上がること必至だ。

 事業規模がまだ小さく、一般的な認知度も低い企業の将来の成長に賭けるということで、投資商品としては上場株にも増してハイリスク・ハイリターンとなる。夢を追いながらも、最悪はゼロになってもいいくらいの余裕資金で投資するのが大前提だ。資産運用の“味付け”として、資金の一部を振り向けるような使い方がいいだろう。

 下図に、株式投資型クラウドファンディングの成功と失敗の典型的なパターンを示した。成功の最たる例は、IPO(新規株式公開)とM&A(合併・買収)。投資して数年~10年後ごろまでに、その企業が成長して株式市場に上場(株式公開)すれば、持っている株の価値が5倍、10倍の“大化け”も十分にあり得る。

各サービスのサイトに掲載されている案件情報をよくチェックして、早期の成長が期待できそうな未上場企業の株を購入する。将来的にIPOを達成したり、高値で買収対象になったりすれば投資成功だ。それ以前の段階で、他の投資家や企業が相対取引で株を買いたいと売却希望者を募るケースもある。一方、投資先企業が倒産・解散したり、いつまでもIPOやM&Aがなく、株を持ったままになったりするケースもある。そうした失敗の覚悟も必要だ
各サービスのサイトに掲載されている案件情報をよくチェックして、早期の成長が期待できそうな未上場企業の株を購入する。将来的にIPOを達成したり、高値で買収対象になったりすれば投資成功だ。それ以前の段階で、他の投資家や企業が相対取引で株を買いたいと売却希望者を募るケースもある。一方、投資先企業が倒産・解散したり、いつまでもIPOやM&Aがなく、株を持ったままになったりするケースもある。そうした失敗の覚悟も必要だ

 上場ではなく、投資先企業が他の企業に買収されるケースもある。買収企業が自分の保有株を高値で買ってくれれば、やはり大きな利益を見込める。成長期待が大きい企業は、将来の企業価値や事業価値の上昇を見込む形で、M&A時の買収価格も高くなる。

 決められた価格で株を購入できる権利である新株予約権に投資していた場合は、IPOやM&Aが実現したタイミングで株の交付を受けたり、金銭を受け取ったりできる。

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する

日経トレンディ12月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年12月号
【巻頭特集】2022 ヒット予測100
【第2特集】2021 ヒット商品ベスト30
【第3特集】シティポップ×レコード再ブームの理由
【インタビュー】なにわ男子/山田裕貴/有村架純
発行・発売日:2021年11月4日
特別定価:790円(紙版、税込み)
Amazonで購入する