NISAで個別株を買う"攻め”の投資スタイルを取るなら、iDeCoでも投資信託である程度のリターンを求めていきたい。国際分散を考え、世界の株式で運用する投信や、先進国株のアクティブ型投信などを選ぶのが一つの手だ。金融機関と投信選びの参考に、主な証券会社の商品構成をまとめた。

※日経トレンディ2021年2月号の記事を再構成

NISAで個別株を買い、iDeCoで外国株投信を買うのが"攻め”の投資スタイル
NISAで個別株を買い、iDeCoで外国株投信を買うのが"攻め”の投資スタイル

前々回(第17回)iDeCo&NISA 初心者がしやすい誤解とその正解を総まとめ【前編】はこちら
前回(第18回)iDeCo&NISA 初心者がしやすい誤解とその正解を総まとめ【後編】はこちら

 iDeCo、NISAをどのように使うか決まったら、次に考えたいのが両制度を使って何を買うか。例えば、前々回(第17回)の記事で紹介した「攻めの使い方」の場合。NISAで個別株に投資して運用益を上げる“攻め”のスタイルなら、iDeCoでもある程度リターンを求めて株式投信に挑戦するといい。

 忘れてはならないのが、投資先の国際分散を意識することだ。経済コラムニストの大江秀樹氏は「NISAで日本株に投資するなら、iDeCoでは外国株で運用する投信を選ぶといったことが必要だろう」と語る。

 世界の株式に広く投資する「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」のような投信に、iDeCoの拠出額をすべて充てるのが一つの方法。もしくは、「個別の投信であれば、大ざっぱに先進国株と新興国株の割合を80:20や85:15ぐらいにして、その中で信託報酬の安いものを選ぶという方法もある」(大江氏)。

 iDeCoは利用する金融機関によって、口座管理手数料や商品構成が異なる。「口座管理手数料よりも、投信の品ぞろえや信託報酬の安さの方がはるかに重要」(大江氏)。口座管理手数料が無料で使いやすい、主な証券会社の商品構成を示したのが下の表だ。

ネット証券大手のSBIや楽天はアクティブ型投信が豊富
ネット証券大手のSBIや楽天はアクティブ型投信が豊富
注)iDeCoの口座管理手数料がかからない主な証券会社の商品構成。情報は20年12月中旬時点で「iDeCoナビ」による

 インデックス型投信はどこも一定数をそろえる。先進国株と新興国株でそれぞれ個別の投信に投資する場合は、先進国株ではアクティブ型投信を選び、より攻めの姿勢を打ち出してもいい。その場合は、アクティブ型の株式投信の品ぞろえが豊富なSBI証券、楽天証券、マネックス証券あたりが有力候補だろう。

注)本記事は投資に当たっての参考情報を提供するものです。投資判断は自己責任でお願いいたします

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する

日経トレンディ1月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2022年1月号
【巻頭特集】2022-2030 大予測
【第2特集】2022年のヒットをつくる人
【新商品連載】Apple Watch Series 7 他
【インタビュー】俳優・眞栄田郷敦
発行・発売日:2021年12月3日
特別定価:760円(紙版、税込み)
Amazonで購入する