コロナ禍を経た2022年、40代おじさんが何やら劇的な意識変化を遂げているようだ。博報堂生活総合研究所の長期時系列調査「生活定点」の2022年最新版を、自らも40代おじさんの上席研究員・前沢裕文氏がひもとく。浮上してきたのは、7つの意外なキーワードだ。前編は、7つのうち、4つについて詳細に見ていく。

 今から約2年前の2020年12月、この連載の第1回で“40代おじさん”の7つの特徴として、

許さない、闘わない、燃えない、
連(つる)まない、直さない、人情派、庶民派

を挙げました。

 人情派・庶民派の顔の裏にどす黒さが見え隠れする、少年漫画でいうと、いい顔して主人公に近づき、ひきょうな手を駆使するもあえなくぶざまな最期を遂げる敵キャラクターのようです。雑魚。雑兵。モブ。圧倒的小者感。それが40代おじさんであり、客観的に見た私だったわけです。自分で書いていて泣けてきます。

▼関連記事 第1回:「43歳からおじさん」が調査で判明! 「7つの特徴」を大分析

 だがしかし!

 このたび公開となった、博報堂生活総合研究所の長期時系列調査「生活定点」2022年調査の結果を見ると、前回2020年調査の結果から40代おじさんの意識・行動に大きな変化が表れていました。その変わりぶりたるや、コロナ禍に最も影響を受けたのが40代おじさんと評して差し支えないほどです。

 調査結果を基に2年前と同様に40代おじさんの特徴を7つにまとめると、

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
41
この記事をいいね!する

12月19日発売! “40代おじさんの真実”が分かる

本連載が書籍化!!『-30年調査でみる- 哀しくも愛おしい40代おじさんのリアル』
12月19日発売! “40代おじさんの真実”が分かる
 40代おじさんマーケティングの必読書! 本連載から“40代おじさん”の記事だけをぎゅっと“濃縮した”書籍『-30年調査でみる- 哀しくも愛おしい40代おじさんのリアル』を12月19日に発売します(Amazonでは12月15日より購入可能。既に予約は開始しています)。
 1981年の設立以来、生活者をウオッチし続けてきた博報堂生活総合研究所。約1400項目もの質問を聴取し、回答の変化を時系列比較した「生活定点」調査を92年から継続しています。このデータなどを基に、同研究所の40代の研究員が、40代男性の意識や行動、価値観などの変化について徹底分析。実は、コロナ禍で大きな変化を遂げている実態が見えてきました。年齢を10歳刻みで分けて人口を見ると、最多層でもある40代おじさんの生態が今、明らかになります!
 おじさんによるおじさんのための、愛とユーモアにあふれた1冊。ぜひお手にとってみてください!
Amazonで購入する