博報堂生活総合研究所の前沢裕文氏(44歳)が、同じ「40代おじさん」であるロンドンブーツ1号2号の田村淳さんを対談相手に迎えた記事の後編(前編はこちら)。40代おじさんに関する見解を話してくれた前編から、自身の幸福観、夢の成功体験の重ね方、遺書を書くことのすすめへと話は広がり……同性代男性への愛情あふれる助言や提案が相次いだ。

ロンドンブーツ1号2号の田村淳さん(右)と博報堂生活総合研究所の上席研究員・前沢裕文氏(左)
ロンドンブーツ1号2号の田村淳さん(右)と博報堂生活総合研究所の上席研究員・前沢裕文氏(左)

前編はこちら

前沢裕文(以下、前沢) 近々「幸福」に関する生活者調査を予定していまして、その中で「これまでの人生を振り返って、あなたの人生に点数をつけるとしたら100点満点中何点ですか?」という質問と、「日本人全体を100人としたとき、あなたは何番目に幸せだと思いますか?」という質問をしておりまして。淳さんにもお伺いしたいのですけど、いかがですか?

田村淳(以下、田村) 僕、絶対トップ5に入っている自信がある。1位って言い切らないのは、「わあ、あの人かっこいいな」とか「わあ、あんなふうになりたい」と思う感覚があるので、トップ1じゃない。

 だけど、トップ5に入っているってすごく自信を持てるのは、そこは他人との比較ではなくて、自分自身の満足度が高いからです。やりたいことをやれている人生で、家族がいて、娘が生まれて、だからどの瞬間もすげー幸せなんですよ。

 最近よく思うんですけど、一日のスピードが目まぐるしいんですね。年を取ったら時がたつのが早くなるっていうけど、自分なりに分析した結果、満たされていることが多いから。

 あっという間に、シュッシュッシュッシュッて終わっちゃうんですよ。子供といる時間が楽しいから、シュッて終わるし。仕事している時間も楽しいから、シュッて終わる。趣味でやっているギターの時間、シュッて終わる。英語の勉強している時間、シュッて終わる。昔よりもダラーっと生きていないので、スピード感がめちゃめちゃ速い。

 だから、トップ5……トップ3でもいいくらいだと思う。

ロンドンブーツ1号2号 田村 淳
1973年12月4日生まれ、山口県出身。バラエティー番組や経済・情報番組などでレギュラー多数。海外での起業、慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科への進学など、タレントの枠を超えて活躍の場を広げている。また、Twitter、Instagram、YouTubeチャンネル「ロンブーチャンネル」、オンライン/オフラインコミュニティー「田村淳の大人の小学校」の他、遺書動画サービス「ITAKOTO」の発案など、デジタルでの活動も積極的に行う

前沢 とすると、点数的には100点ですか?

田村 98点……かなあ。絶対に残すようにしているんですよ。

前沢 満足しきらないように?

田村 徳川家康が日光東照宮を完全につくらなかったという話が好きで。未完成の場所をたくさん残しているんですよ、わざと。100だと満足しちゃうからちょっと残すっていう、その話が好きで。だから自分に100点なんて絶対に与えないし、「まあ100点じゃないだろうなあ」と思いながら生きたい。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
11
この記事をいいね!する

12月19日発売! “40代おじさんの真実”が分かる

本連載が書籍化!!『-30年調査でみる- 哀しくも愛おしい40代おじさんのリアル』
12月19日発売! “40代おじさんの真実”が分かる
 40代おじさんマーケティングの必読書! 本連載から“40代おじさん”の記事だけをぎゅっと“濃縮した”書籍『-30年調査でみる- 哀しくも愛おしい40代おじさんのリアル』を12月19日に発売します(Amazonでは12月15日より購入可能。既に予約は開始しています)。
 1981年の設立以来、生活者をウオッチし続けてきた博報堂生活総合研究所。約1400項目もの質問を聴取し、回答の変化を時系列比較した「生活定点」調査を92年から継続しています。このデータなどを基に、同研究所の40代の研究員が、40代男性の意識や行動、価値観などの変化について徹底分析。実は、コロナ禍で大きな変化を遂げている実態が見えてきました。年齢を10歳刻みで分けて人口を見ると、最多層でもある40代おじさんの生態が今、明らかになります!
 おじさんによるおじさんのための、愛とユーモアにあふれた1冊。ぜひお手にとってみてください!
Amazonで購入する