「40代おじさん」は、ラブレターよりキスを信じる? 妻を信用しているけど、母親びいき? 博報堂生活総合研究所・上席研究員の前沢裕文氏(44歳)による今回の記事は、2020年に二択で提示した調査の結果を一挙公開。40代おじさんの回答を中心に、たかが二択と侮れない、男女差・世代差が表れた特徴を分析する。互いの違いを知り合う一助になること間違いなし!

たかが二択、されど二択

 もう15年ほど前のことになりますが、友人女性が某有名人男性と付き合っていた時期がありまして……。根掘り葉掘り聞いた中で、私が一番好きなのが二人の初対面の話です。

 その方が出演されている公演に友人のお父様が招待され、観劇後に家族で楽屋あいさつに訪れたときのこと。彼が彼女に向かって開口一番「和花と洋花、どっちが好き?」と問いかけてきたそうです。名乗る前からいきなり二択! しかも和花、洋花ときた。友人は「こんな人、今まで出会ったことない! 素敵!」と瞬間恋に落ち。初デートやその後の逢瀬(おうせ)の話も、真面目に耳を傾ける私の凡庸ぶりをあざ笑うかのように、エピソード一つ一つがいちいちすがすがしく常軌を逸していて、今でも忘れようがなくずっと覚えています。

 和花と洋花ほどトリッキーではありませんが、博報堂生活総研の調査にも二択の設問が多くあります。例えば、運・ツキ派 vs 努力派。「世の中、努力よりも運・ツキだと思う」「世の中、運・ツキよりも努力だと思う」どちらの考えに近いかを尋ねたもので、生活者の回答は、

出典:博報堂生活総合研究所 生活定点 ※回答不明が1.1%あります
出典:博報堂生活総合研究所 生活定点 ※回答不明が1.1%あります

となっています。

 二択というのは、その2つの選択肢を選んでいる時点で質問者のバイアスがかかっていますし、物事を単純化してしまうという懸念の声もよく聞かれます。運・ツキ派 vs 努力派にしても努力の中身やレベルは問うていないわけで、聞かれた側も「えいや!」で答えざるを得ないケースもあるでしょう。また、社会的な問題への対応の是非を賛成派?反対派?と問うことで、人々の間に分断が生じることだって起こり得ます。保守派 vs リベラル派で国が二分された、2020年のアメリカ大統領選挙も記憶に新しいところです。

 しかし、私が小学生の頃には「究極の選択」なる質問(遊び・ゲーム)が一世を風靡し、「マイク・タイソンに一発だけ殴られる vs 小学生に一日中殴られる」や、ここには書けない下品な二択を集めた本が出版されて話題を呼びました。また、現在でも「あなたはどっち派?」という広告プロモーションが鉄板であるように、単純であるが故に話が盛り上がることが多いのも確かです。

 前置きが長くなりましたが、今回は、20年に生活総研が実施した「信頼に関する⽣活者調査」から、二択で提示した調査の結果を紹介させてください。いつも通り40代おじさんの回答を中心に、男女差、世代差が顕著に表れたデータも取り上げたいと思います。たかが二択と侮れない、意外と興味深いものもありますので、ご自身はどっち派かお考えいただきながら、たわいない分断をお楽しみいただければ幸いです。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>