部屋を自動できれいに保ってくれるロボット掃除機。最近では、カメラやレーザーなどのセンサーを使い、効率的に掃除できるマッピング機能を搭載した製品が増えている。10万円以下で購入できる主要5商品の特徴を比較した。

※日経トレンディ2021年1月号の記事を再構成

ペット監視機能のある製品も増えた。(写真はDEEBOT OZMO T8 AIVI)
ペット監視機能のある製品も増えた。(写真はDEEBOT OZMO T8 AIVI)

 いつも部屋をきれいに保つために備えておきたいロボット掃除機。最近のロボット掃除機では、カメラやレーザーなどのセンサーによって、室内の地図(マップ)を描いて効率的に掃除できる「マッピング」機能を備えた製品が増えている。マップがあれば、最短ルートで効率よく掃除ができるし、ロボット掃除機が充電台に戻れず“迷子”になるリスクも低い。

 現在、日本のロボット掃除機市場では、アイロボットジャパンの「ルンバ」シリーズが7割以上のシェアを握っている。ただルンバは多機能なロボット掃除機ではあるが、価格が高め。マッピング機能を備えて複数の部屋を掃除できる「ルンバi7」は、10万円を超える。

ルンバi7 i715060(アイロボットジャパン)

シェア7割超の人気ブランド。上位モデルはクリーンベース付き
本体サイズ・重さ/直径351×高さ92ミリメートル・4キログラム、最大使用時間/75分、集じん容量/非公開、実勢価格10万9860円(税込み)。クリーンベースが付属するルンバi7+は実勢価格12万9800円
本体サイズ・重さ/直径351×高さ92ミリメートル・4キログラム、最大使用時間/75分、集じん容量/非公開、実勢価格10万9860円(税込み)。クリーンベースが付属するルンバi7+は実勢価格12万9800円
独自のゴム製ブラシが床に密着しながらごみを挟み込んで吸引するという
独自のゴム製ブラシが床に密着しながらごみを挟み込んで吸引するという

 その一方で、2020年には様々なメーカーがマッピング機能付きロボット掃除機の注目モデルを実勢価格7万~9万円で投入している。ペットのいる家庭で便利そうなのがエコバックスジャパンの「DEEBOT OZMO T8 AIVI」とBeijng Roborock Technologyの「Roborock S6 MaxV」だ。本体の前面にカメラを搭載しており、ペットがいる場所を掃除ルートに設定しておけば、留守中の様子がスマホで確認でき安心。さらに本体のスピーカーを通じてペットに声をかけることもできる。この2機種は、床を水拭きする機能も備える。主な違いはカメラ。S6 MaxVは奥行きを認識できる2眼カメラを搭載しており、AIで「ペットのふん」なども識別して回避できる。そのぶん価格は少し高い。

DEEBOT OZMO T8 AIVI(エコバックスジャパン)

ペット監視や水拭きが可能で、サイドブラシは2つ
本体サイズ・重さ/幅353×奥行き353×高さ93ミリメートル・3.7キログラム、最大使用時間/180分、集じん容量/0.42リットル、実勢価格7万9200円(税込み)
本体サイズ・重さ/幅353×奥行き353×高さ93ミリメートル・3.7キログラム、最大使用時間/180分、集じん容量/0.42リットル、実勢価格7万9200円(税込み)
専用のモップを付けると、ごみの吸引と同時に水拭きなど拭き掃除ができる
専用のモップを付けると、ごみの吸引と同時に水拭きなど拭き掃除ができる

Roborock S6 MaxV(Beijing Roborock Technology)

水拭きに対応しつつ、2眼カメラで奥行きも検知
本体サイズ・重さ/直径353×高さ96.5ミリメートル・3.6キログラム、最大使用時間/180分、集じん容量/0.46リットル、実勢価格8万5580円(税込み)
本体サイズ・重さ/直径353×高さ96.5ミリメートル・3.6キログラム、最大使用時間/180分、集じん容量/0.46リットル、実勢価格8万5580円(税込み)
本体底面に拭き掃除用のパッドが取り付けられる。地図作成後は「カーペットの部屋は水拭きなし」といった設定も可能
本体底面に拭き掃除用のパッドが取り付けられる。地図作成後は「カーペットの部屋は水拭きなし」といった設定も可能
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>