約2畳の極小空間を最強の“テレワーク基地”にする方法を、収納王子コジマジック氏に聞いた。机の足元の空間は有効活用、壁にはマグネットを装備するなど、3次元を意識した配置でやる気倍増の書斎の出来上がり。本人の書斎をモデルに5つの極意を伝授する。

※日経トレンディ2021年1月号の記事を再構成

収納王子コジマジック氏。「3D」を意識した配置でやる気倍増の書斎ができる!
収納王子コジマジック氏。「3D」を意識した配置でやる気倍増の書斎ができる!

 限られた空間を有効活用して、いかに家で効率よく仕事ができる空間を作るか――。様々な整理収納術を伝授する収納王子コジマジック氏の“極小書斎”にそのヒントがある。20年5月に完成したばかりの新居の書斎は、わずか約2畳。コジマジック氏は、「玄関のクローゼットより狭いので、奥さんに許してもらえると思ったという設計段階からの計算」と笑う。

 ただ一言で「狭い」と言っても、約2畳というこの空間設計にしたのにはワケがある。デスクの奥行きとイスに座るスペースは合わせて幅115センチメートルで、このサイズこそ肝。「デスクの奥行きは45センチメートル、イスに座るためのスペースは70~80センチメートルが理想。ギリギリではあるが115センチメートルあれば問題ないと、あえてこのサイズにした」(コジマジック氏)。

 とはいえ狭いスペースなので、快適に仕事をするためには工夫が必要だ。参考になる考え方が、デスクの上だけでなく、壁や足元の空間の活用法まで考えた「3D」の空間作りだ。

 デスク前の壁の中に鉄板を仕込む。必要な書類は壁にマグネットで留めておく。ホワイトボードの裏に小さな磁石を貼り付ければ、壁に貼っておけるメモも完成。狭い分、デスクの上に置くモノを最小限にするのが基本だ。

 ノートパソコンはベタ置きせず、スタンドを使用。スタンドの下部にキーボードを収納でき、高さが出るので姿勢も良くなる。デスク下にはドリンクを入れた冷蔵庫と、冬場に足元を暖めるセラミックヒーターを配置。デスク上には棚を設置し、絵画や観葉植物も飾っている。「好きなモノに囲まれることで、自分だけの秘密基地と言うか、『そこにいたい』と思える空間ができる。仕事の効率を上げるという意味でこれも重要」(コジマジック氏)。

 整理収納術を活用すれば、デスク周りのモノが減って空間はより快適になる。例えば書類は、「スキャンしてPDFにして保存するのが鉄則。プリントアウトすれば書類に復元することもできる」(コジマジック氏)。

極意1/棚には好きなモノも置く

デスクの上には棚を設置。どうしても紙で取っておく必要がある書類や、その他仕事に必要なモノの収納スペースとしても活用できるほか、コジマジック氏は観葉植物なども置いている。仕事で長い時間を過ごすスペースに、居心地の良い空間を作るための工夫だ
デスクの上には棚を設置。どうしても紙で取っておく必要がある書類や、その他仕事に必要なモノの収納スペースとしても活用できるほか、コジマジック氏は観葉植物なども置いている。仕事で長い時間を過ごすスペースに、居心地の良い空間を作るための工夫だ

極意2/足元の空間も有効活用

L字デスクの脇の部分の下には、冷蔵庫やセラミックヒーターを置いている。冷蔵庫には飲み物を常備。「紙コップを使って洗い物を出さない。2畳なのも玄関クローゼットより狭く、奥さんに許してもらえるという計算(笑)。気遣いも大事」(コジマジック氏)
L字デスクの脇の部分の下には、冷蔵庫やセラミックヒーターを置いている。冷蔵庫には飲み物を常備。「紙コップを使って洗い物を出さない。2畳なのも玄関クローゼットより狭く、奥さんに許してもらえるという計算(笑)。気遣いも大事」(コジマジック氏)

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する

日経トレンディ11月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年11月号
【巻頭特集1】クレジットカード 最強の2枚
【巻頭特集2】フィンテック最前線!
【第2特集】未来をつくる スタートアップ大賞2021
【ヒット商品連載】日産自動車「ノート オーラ」他
発行・発売日:2021年10月4日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する