1人で“密”を避けられる「ソロキャン」の人気にあやかり、ソロキャングッズが続々と発売されている。1人でも運べるように軽くてコンパクト設計であるため、実は防災向きで日常的に使えるものが多い。もしものときにも味方になってくれるグッズを紹介する。

※日経トレンディ2021年1月号の記事を再構成

 数年前からブームが加速し、拡大を続けるアウトドア市場。長く続く“巣ごもり生活”の反動もあり、多くの人がキャンプ場に押し掛けている。中でも人気なのが一人で“密”を避けられる「ソロキャン」。ブームにあやかろうと、アウトドアメーカーからソロキャングッズが続々と発売されている。

 ソロキャンで使うグッズは、実は防災向きで日常的に使えるものも多い。キャンプ場への移動手段がクルマでも電車でも、ソロキャンでは荷物を一人で運んだり、出し入れしたりするため、軽くコンパクトな道具が最適。軽量・小型であれば非常時に持ち出しやすく、普段使いにも向くのだ。

 例えば防災グッズとしても使えるソロキャングッズが「エスビット1100mLクックセット」(飯塚カンパニー)。キャンプや避難時に湯を沸かしたり調理をするのに役立つ。固形燃料を置く「五徳」を鍋の中に重ねて収納できるため、これ一つで調理道具が完結する。

「エスビット1100mLクックセット」(飯塚カンパニー)

調理をする鍋と五徳のセット。風よけとなる「風防」を兼ねる五徳を鍋の中に収納し、ハンドルを折り畳めばコンパクトに持ち運べる。四角い鍋は袋麺を割らずにそのまま調理できるサイズ。内部に目盛りが刻印されているほか、蓋を鍋の縁に掛けられるなど使い勝手に優れる。実勢価格8140円(税込み)
調理をする鍋と五徳のセット。風よけとなる「風防」を兼ねる五徳を鍋の中に収納し、ハンドルを折り畳めばコンパクトに持ち運べる。四角い鍋は袋麺を割らずにそのまま調理できるサイズ。内部に目盛りが刻印されているほか、蓋を鍋の縁に掛けられるなど使い勝手に優れる。実勢価格8140円(税込み)

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
3
この記事をいいね!する

日経トレンディ10月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年10月号
【巻頭特集】業務スーパー、カインズ、ワークマン大研究
【第2特集】家電のサブスク お得度チェック
【ヒット商品連載】ニコン「Z fc」、BMW「MINI」 他
【人気連載】40代おじさん白書 ロンブー田村淳に聞く
発行・発売日:2021年9月3日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する