ネット動画配信サービスを見たいのなら、小型なプライベートテレビを導入するのも一手だ。サブスク動画を再生可能な15~32型テレビがニューノーマル時代のテレビとして注目されている。動作の機敏さや持ち運びやすさなど、製品の特徴はさまざま。個人の生活に合ったモデルを選びたい。

※日経トレンディ2021年1月号の記事を再構成

 ネット動画配信サービスをリビングではなく、自室にこもって毎日見たいのなら、小型なプライベートテレビを導入するのも一手だ。標準でYouTubeやNetflix、Huluなどのサブスク動画を再生可能な15~32型テレビがニューノーマル時代のテレビとして注目されている。

 ネット動画対応プライベートテレビの選択肢は意外に少なく、2020年9月に登場した「プライベートスマート 液晶レグザ V34」(東芝映像ソリューション)と、8月に最新モデルが発売になった「プライベート・ビエラ」(パナソニック)にほぼ絞られる。

 24/32/40型の液晶レグザ V34は、対応ネット動画配信サービスの充実ぶりがウリで全13種類に対応する。「4Kテレビ用エンジンを搭載しているおかげで、画面切り替えやスキップといった動作がキビキビしているのもうれしいポイントだ」(AV評論家の折原一也氏)。

プライベートスマート 液晶レグザ V34(東芝映像ソリューション)

全13種類のネット動画に対応

写真左は24V34(24型 実勢価格3万9600円(税込み))、写真右は32V34(32型 実勢価格5万2780円(税込み))。上位の大型テレビと同様、全13種類と現在日本で提供中の主だったネット動画配信サービスに対応するのが最大の特徴。4Kテレビ向けのエンジンを搭載しており、人肌の表現が自然で、立体感のある映像を再生できる
写真左は24V34(24型 実勢価格3万9600円(税込み))、写真右は32V34(32型 実勢価格5万2780円(税込み))。上位の大型テレビと同様、全13種類と現在日本で提供中の主だったネット動画配信サービスに対応するのが最大の特徴。4Kテレビ向けのエンジンを搭載しており、人肌の表現が自然で、立体感のある映像を再生できる
写真左は、対応するサービス一覧。リモコンには全6種類のネット動画サービスを起動するためのボタンが6つ付いている
写真左は、対応するサービス一覧。リモコンには全6種類のネット動画サービスを起動するためのボタンが6つ付いている

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する

日経トレンディ11月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年11月号
【巻頭特集1】クレジットカード 最強の2枚
【巻頭特集2】フィンテック最前線!
【第2特集】未来をつくる スタートアップ大賞2021
【ヒット商品連載】日産自動車「ノート オーラ」他
発行・発売日:2021年10月4日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する