コロナの影響で加速度的に利用者が増加

 一方で、アドバイザーとして登録する人の数も増えてきた。この背景には、働き方改革が進み、「人生100年時代」ともいわれる中で、自分のキャリアについて考える機会が増えてきたことがあるだろう。コロナ禍で打撃を受けた事業分野には、今後に不安を抱えるようになった人がいる。複数の収入源を持っていたほうがいいのではないかと副業に興味を持った人もいるはずだ。

 とはいえ「いきなり副業するのは難しいうえに不安が伴う。新しい企業と一から雇用関係を結ぶのは少しハードルが高い。でも、自分の得意な領域について1時間質問に答えるなら気が楽。そうした状況がビザスク登録者の拡大につながっているのではないか」と端羽氏は分析した。リモートワークの拡大で通勤時間が減り、時間に余裕ができたことも副業の追い風となっている。

働き方や生活様式の変化に伴い、アドバイザー数も年々増加。今では様々な業種・職種のアドバイザーが登録している
働き方や生活様式の変化に伴い、アドバイザー数も年々増加。今では様々な業種・職種のアドバイザーが登録している

 また、アドバイザーとして活動する人は「知見を生かして貢献したい」という思いをモチベーションにしているとも指摘した。「多くの人が依頼者のためになりたいという思いで登録している」と端羽氏。スキルアップへの意識も高く、「自社の調査では、もっと上手に話せるようになりたい、本業へのプラスの効果を期待している人も多かった。これは我々にとってもうれしい調査結果」(端羽氏)。ビザスクが経験の棚卸しの機会になっているというわけだ。

1回以上マッチングした人を対象に、アドバイザー活動のモチベーションについてアンケートを実施したところ「知見を生かして貢献したい」という回答が最も多かった
1回以上マッチングした人を対象に、アドバイザー活動のモチベーションについてアンケートを実施したところ「知見を生かして貢献したい」という回答が最も多かった

 新型コロナウイルス感染症の拡大によって、国内外の出張などは制限されているが、オンラインミーティングがより一般化して場所を問わずに人に会えるようになった側面もある。これは地方の中小、ベンチャー企業にはかなりプラスのポイントだ。

 「以前から地方企業にも活用いただいていたが、コロナの影響で裾野が広がってきたように思う。20年に上場し、プラットフォームへの信頼度が上がったことも大きい。今は1つのスタートラインに立った感覚。より活動しやすくなった」と端羽氏は手応えを語った。

 アフターコロナに向けて生活様式や働き方が大きく変わっている。新規事業を模索する企業にとっても、自分のスキルや知識を生かして貢献したいと考える有識者にとっても、副業を超えた新たな価値を創造するビザスクは活用できそうだ。

2週間限定で「日経クロストレンドFORUM」を見逃し配信します!
11月16日、17日にオンライン開催した「日経クロストレンドFORUM2020」の全講演を、12月3日から2週間限定で見逃し配信いたします。見逃した方はもちろん、新規の方もご登録いただければすべて無料でご視聴いただけます。お申し込みはこちらから!