「個人経済圏」で消費はどう変わる?

 対応できる数に限りがある個人経済圏では、それほど多くの人たちに“刺さる商品・サービス”は必要ない。個人経済圏で重要なのはニッチな需要を掘り起こすことだ。籔氏は「例えばヨガなどでは、人に見られずに痩せたいというのが本質的なニーズだったりする。そうしたニーズを捉えることができれば経済圏ができていく」と話す。

 また田端氏はブランドよりも個人のスキルが重視される美容部員を例に挙げ、「スキルの高い美容部員だったら、ブランドをまたいで『スキンケアならこのブランド』『アイメークならこのブランド』のようなアドバイスをするのもいいのではないか」と指摘した。実際、美容部員や美容師に店舗設備を貸し出すレンタルサロン、シェアサロンも増えている。

 「MOSHの売り上げ上位者を見ると、SNSで多くのフォロワーを持つインフルエンサーばかりではなく、LINEの友達のようなエンゲージメントの高い人に利用してもらうことで個人の経済を回している人も多い。個人に向き合う形でサービス提供を捉え直す必要があると感じている」と籔氏は言う。

MOSHの売り上げ上位者の中には月商250万円という利用者もいる。個人レベルなら十分な規模といえるだろう
MOSHの売り上げ上位者の中には月商250万円という利用者もいる。個人レベルなら十分な規模といえるだろう

「個人経済圏」で企業のマーケティングはどう変わる?

 個人経済圏が企業から市場を奪いつつある現状は、ある種の対立構造のようにも見えるが、個人経済圏と企業の共存は可能なのだろうか。

 これについて田端氏は「この11月、広告代理店大手の電通が40歳以上の社員を個人事業主にした。体のいいリストラともいわれているが、もともと広告業やコンサルティング業は、どの企業にいるかではなく個人の人脈や創造性が重視される職業。そういう意味では間違っていない」と話す。

 「日本のメーカーの“モノづくり”の発想は、全員が1つの基準に合わせないといけないという画一的な発想。それでは創造性は生まれない。逆に、創造的な人を企業という枠の中に囲い込んでおくのは難しいのかもしれない」と田端氏。

 また籔氏は「個人経済圏とどう共存しようか悩んでいる企業は、個人・スモールチームを中心に事業を見直してみる必要がある。社内にいる個人をどう生かすか、個人経済圏に自社の商品・サービスをどうやって広げていくか、企業側から仕掛けていくべきだ」と話した。

 急速に拡大しつつある個人経済圏だが、サービス提供者と利用者間のトラブルなど、いくつかの課題も抱えている。そうした課題を解決していくことができれば、アフターコロナのビジネスの新しい形として個人経済圏が定着する可能性もある。

2週間限定で「日経クロストレンドFORUM」を見逃し配信します!
11月16日、17日にオンライン開催した「日経クロストレンドFORUM2020」の全講演を、12月3日から2週間限定で見逃し配信いたします。見逃した方はもちろん、新規の方もご登録いただければすべて無料でご視聴いただけます。お申し込みはこちらから!