ビジネスの新潮流を探るべくベンチャーキャピタル(VC)を訪ねる連載の第5回は、米シリコンバレー発で、大企業とスタートアップの共創を支援するプラットフォームPlug and Play Japan。インシュア(保険)テック、フィンテック&リテール、IoTの各領域のトレンドを同社の担当者に聞いた。

Plug and Playは2006年に創立された世界最大のイノベーションプラットフォーム。毎年世界で50を超えるアクセラレータープログラムを実施し、250社超の企業へイノベーションを提供。投資案件数ではシリコンバレーで最も活発なベンチャーキャピタル。世界に30を超える拠点を展開している。写真左から、Plug and Play Japan(東京・渋谷)のインシュアテック担当の李暢(チャン・リー)氏、フィンテック・リテール担当の貴志優紀氏、IoT担当の中井健太氏
Plug and Playは2006年に創立された世界最大のイノベーションプラットフォーム。毎年世界で50を超えるアクセラレータープログラムを実施し、250社超の企業へイノベーションを提供。投資案件数ではシリコンバレーで最も活発なベンチャーキャピタル。世界に30を超える拠点を展開している。写真左から、Plug and Play Japan(東京・渋谷)のインシュアテック担当の李暢(チャン・リー)氏、フィンテック・リテール担当の貴志優紀氏、IoT担当の中井健太氏

保険領域では、仲間で入る“ニッチ共済”に注目

――保険業界では2019年に健康増進型保険(日々運動などを行うと保険料の割引や特典が付く商品)が登場し、話題になりましたが、最近の動きはどうでしょうか。

李暢(チャン・リー)氏(以下、李氏) 健康増進型保険は、保険会社にとって19年までの一番の関心分野でしたが、20年以降、ブームはやや沈静化しています。被保険者は日々デバイスを装着し、取得した様々なデータによって保険料を削減する仕組みで、そもそも被保険者に強制的にデバイスを着けてもらうことは難しい。もう1つ、データによって健康であると認められた人の保険料を下げることにも限界があります。

 それよりも、最近ではよりカスタマー体験を便利にするサービスやスタートアップが増えてきたことに注目しています。例えば、IB(アイビー、東京・渋谷)という企業もその1つです。顧客が加入する生命保険や損害保険、自動車保険などを一括管理できるアプリ「保険簿」を提供。万が一のときに保険の請求漏れを防ぐことができ、満期日を自動的にリマインドしたり、入院時に加入している保険を即座に確認したりすることも可能です。

 また、justInCase(ジャストインケース、東京・中央)が展開する、日本初の「わりかん保険(P2P保険)」も注目です。加入者はがん診断時に一時金80万円を受け取ることができ、保険料は、毎月使われた保険金の合計を算出し、契約者数で割った金額に管理費を加えた額を「後払い」で徴収するシステムです。月額保険料は最高でも500円で、すぐに加入でき、透明性が高く、既存のがん保険より安価であることがメリット。ただし、少額短期保険のため受け取れる額が小さい点は課題でしょう。

justInCaseは、「わりかん がん保険」の他、歩数とBMIによって保険料割引額が変わる医療保険なども展開
justInCaseは、「わりかん がん保険」の他、歩数とBMIによって保険料割引額が変わる医療保険なども展開
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>