エグゼクティブサーチ会社「ハイドリック&ストラグルズ」日本オフィスで活躍する渡辺紀子氏が、21世紀を勝ち抜く「異能のキャリア」を紹介するシリーズ。第6回に登場するのは、NTTのイントレプレナー(企業内起業家)として、教育事業を手がけるドコモgacco(東京・港)の社長などを歴任し、現在はTEPCOグループの新事業開発担当取締役を務めながら、複数の上場会社の社外取締役や仲間と起業したイントレプレナー育成の会社の取締役としても活躍する伊能美和子氏だ。

伊能 美和子(いよく みわこ)氏
TEPCOライフサービス取締役
NTTグループで広告宣伝などを経験した後、音楽著作権処理&不正利用防止システム、日本初の大規模公開オンライン講座(MOOC)などを20年の間に次々に立ち上げた。女性のシリアルイントレプレナーの草分け的存在。プライベートでは18年にわたり実母の介護を経験。2020年からパラレルキャリアへ転身。現職の他、学研ホールディングス、タカラトミー、ヤマノホールディングスの社外取締役を兼任しつつ、イントレプレナー育成の会社も仲間と共に起業した
渡辺紀子氏が見た伊能美和子氏

 伊能さんとは共通の知り合いを通じてつながりました。NTTというクラシックな日本の会社にいながら新しいことばかりやってこられた。20年に同社を離れた後も、やはりインフラを担うTEPCOグループ子会社の取締役として、また学研などの社外取締役としてパラレルキャリアを追求しています。新しい時代の働き方のモデルとして注目してきました。仕事着として和服を着こなし、とてもおしゃれなところにも感心しています。だから、和装も含め総合的に美容サービスを展開するヤマノホールディングスにおつなぎしました。いったい1日24時間をどう時間配分しているのか…。ともかく多才で多彩な人です。

伊能美和子氏(左)と渡辺紀子氏(右)
伊能美和子氏(左)と渡辺紀子氏(右)

 渡辺さんには伊能さんのNTTドコモでの元部下の方もお世話になったそうですね。

 「ええ。偶然なんですが、彼が渡辺さんを評して言っていたのは『豪腕』とか『辣腕』といった形容詞。でも私が感じたのは、よく当たる占師みたいだなと(笑)。著名な経営者を含め、いろんな方とお知り合いで、人を見る目は当然お持ち。男性が多いエグゼクティブサーチの世界で女の人は少数派ですが、その中には何となく女性の役割をどこか決めているように見える方もいます。でも、渡辺さんは向いてない仕事はやめろとはっきり言う(笑)。私もそう言われました。もちろん百発百中ではないと思いますが、そう言ってくれるのはむしろありがたい」

 NTTグループから外に出られたとき、当初は戸惑いもあったかとお察しします。

 「入社直後の集合研修で、同期入社の仲間から一番最初に辞めそうと言われたのに、結局32年もの長きにわたりお世話になりました。その間、グループの中で何度も転籍や出向を経験しましたけれど、自ら外部と関わりのある部署で働くのを希望し、かなえられてきた結果です。私はもともと縦串より横串タイプであることを自任していて、複数のステークホルダーと共に市場と向き合い、共通の社会課題を解決するような仕事がしたかった。それにはある程度、規模が大きくないと無理だと思ってNTTを選んだんです。現場研修が終わった後配属されたのが首都圏エリアの広報宣伝を担当する部署。その後、希望して出向したのが、もうなくなりましたが電通、ぴあとの共同出資会社NTTメディアスコープ(後にNTTアドに吸収合併)で、顧客先企業や省庁のPRやブランディングなどを担当しました。ちなみに、そこで同様にNTTから派遣されていた夫とも出会いましたし…」

入社6年目の1993年ごろ。NTTメディアスコープに出向時代にNHK「クローズアップ現代」の「雇用機会均等法10年」特集で取材を受けた
入社6年目の1993年ごろ。NTTメディアスコープに出向時代にNHK「クローズアップ現代」の「雇用機会均等法10年」特集で取材を受けた
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>