顧客の声があれば、最小限の投資や時間で効果的に軌道修正

 ポイントは最初から完璧なものを求めようとせず、人間中心の視点で何が価値ある機能やサービスなのかを低コスト・低リスクで確認し、改善し続けたことです。ベゾスは、新しい事業を立ち上げる場合の実験について、次のように述べています。

 「アマゾンの成功は、毎年、毎月、毎週、毎日の繰り返しの実験からきている。どれだけうまく設計しても多くは失敗するが、コストを減らせば何度も実験ができる。もし、100回の実験を1000回に増やせたら、イノベーションの数を劇的に増やせる」

 最初の実験に何億円もかけることはできません。失敗を前提にしたうえで、少ない予算で実験を始めることからスタートすべきです。Kindleのプロジェクトの場合、最初の投資はソニーの電子書籍リーダーを購入する費用だけでした。しかし、この費用と社内でのテストを通じ、問題点が見えてきたのです。

 例えば、当時の電子書籍リーダーはパソコンがなければダウンロードができず、さらにパソコンに専用ソフトをダウンロードする必要がありました。それだけでは機能せず、別の関連ソフトをダウンロードすることも必要でした。ネットワークへの接続も手間になっていました。

 そこで、当初の予定にはなかった通信機能を装備したプロトタイプをつくるようになりました。単体で簡単に使えるようにすることの重要性を、実験から確信したからです。アマゾンはわずかな投資額により、概念のレベルで機能を考えるだけでなく、実際に手を動かしながら顧客の価値について理解を深めたのです。その後、さらに多くのテストを繰り返し、最終的に初代のKindleを07年に発売しました。

 もし状況が許すなら、実際の顧客から生の声をもらうことがベストです。そうすれば、自分たちが想定していたアイデアが、顧客に対してどのような価値を実際に提供できているかが、より明確になるからです。極秘のプロジェクトの場合、社外の人に対するテストは難しいかもしれません。しかし、最小限の投資や時間で、効果的に軌道修正のポイントを知ることができます。


参考文献