連載8回目からは、デザイン思考のフレームワーク「d.seed」モデルの後半になる問題解決パートを解説する。これには探索のフェーズ、実験のフェーズ、展開のフェーズがある。今回は、アイデアの出し方など探索のフェーズにおけるポイントを紹介する。

前回(第7回)はこちら

アイデアは質より量 1つの成功は3000の発想から生まれる(画像)

 前回までは、新しい事業機会を見いだすための問題発見パートである発見のフェーズや詳細化のフェーズについて紹介しました。今回からは、事業機会を具体化していくための問題解決パートを解説します。3つのフェーズで構成し、アイデアを考える探索のフェーズ、プロトタイピングを行う実験のフェーズ、実現に近づける展開のフェーズがあります。

 探索のフェーズは、問題発見パートで明らかになった事実を踏まえたうえで、アイデアを出しながら新しい価値を生み出す事業を考えることが狙いです。アイデアの出し方については、デザイン思考だからといって特別な方法があるわけではありません。いわゆるブレーンストーミング、もしくはSCAMPER(スキャンパー)法といったもので十分だと思います。

 スキャンパー法はアイデアを生み出すためのフレームワークの一種で、質問に対して回答するだけでアイデアを出せるようになります。ネットで検索すればやり方を紹介しているサイトもあるので、ここでは詳しくは触れません。

 ただし、アイデアを出すためのさまざまなツールを使う前に、重要なポイントが2つあります。それは「質より量」「有用性のみ考える」という視点です。

図1●デザイン思考のフレームワーク「d.seed」モデル
図1●デザイン思考のフレームワーク「d.seed」モデル

 特許件数を基にしたイノベーションの成功率やベンチャーキャピタルの投資結果を調査したStevens & Burleyの研究結果によれば、成功する事業を1つでも生み出すには、一般に3000のアイデアが必要とされているそうです。

 例えば、3000のアイデアの中から300ほどが正式に提案され、事業性を精査された125のプロジェクトが立ち上がります。このうち、可能性があるものとして9つが残り、さらに事業化の価値があると判断されるものが4つ。その後、実際に市場に投下されるのは1.7つくらいで、成功するのは1つというわけです。

 業界によっては、最初に必要なアイデアが5000~8000となる場合もあり、逆に3000未満のケースもあるでしょう。あくまで大まかな傾向であり、目安ぐらいに考えてください。