おうちフィットネスの大本命 「自宅“暗闇”バイク」日本で普及へ(画像)

専用バイクを使い、レッスンを自宅で受けられるオンラインバイクフィットネスが日本でも広がりそうだ。部屋を暗くすることで、より“没入感”を味わうことができる。日経トレンディと日経クロストレンドが「2021年ヒット予測ランキング」の21位に選定した「自宅“暗闇”バイク」が、運動不足やストレスを解消する「おうちフィットネス」の大本命になる。

※日経トレンディ2020年12月号の記事を再構成

「おうちフィットネス」の大本命が登場
「おうちフィットネス」の大本命が登場

前回(第24回)はこちら

【21位】「自宅“暗闇”バイク」

バイクフィットネスに「没入」
大画面ディスプレイでオンラインレッスンを楽しむ

 米国で爆発的ブームとなっている「Peloton(ペロトン)」のようなオンラインバイクフィットネスが日本でも広まりそうだ。

Peloton
Peloton
米国の「Peloton」は22~24型のディスプレイを搭載し、オンラインレッスンを受けることができる

 色とりどりの光が飛び交うクラブのような雰囲気の中、インストラクターの掛け声と爆音サウンドに合わせてペダルを踏み続ける「暗闇バイクフィットネス」。その第一人者である「FEELCYCLE」(FEEL CONNECTION)が11月から始めるのが「FEEL ANYWHERE」だ。専用バイクを使い、レッスンを自宅で受けられるようになる。