21年は「音声版YouTuber」が続々 企業と消費者をゆるくつなぐ(画像)

2020年は、コロナ禍の影響もあり、ながら聞きができる音声メディアが急成長した。21年はこれに「声のライブ配信」が加わり、「音声版YouTuber」が台頭するなど、音声メディアはさらに拡大すると予想される。日経トレンディと日経クロストレンドは、「2021年ヒット予測ランキング」の19位に「個人ラジオSNS」を選出した。

※日経トレンディ2020年12月号の記事を再構成

個人で“ラジオDJ”が配信できる(写真/Shutterstock)
個人で“ラジオDJ”が配信できる(写真/Shutterstock)

前回(第33回)はこちら

【19位】「個人ラジオSNS」

声のライブ配信でつながる
インスタライブの次はこれ。音声市場をつかむゆるい関係

 アップルの「AirPods」やスマートスピーカーの普及に加え、コロナ禍による在宅時間の増加によって、ながら聞きできる音声メディアが急成長を遂げている。スマホで簡単に声を収録し、配信できる「Voicy」は、著名人やインフルエンサー、専門家などが続々と参加し、市民権を得た。また、「Radiotalk」は、承認なしで誰でも配信でき、2020年9月のサービス利用者数が前年同月比で約5倍に増えるなど拡大している。

声のブログ、音声配信アプリが人気に
声のブログ、音声配信アプリが人気に
Voicy(左)など手軽に音声を収録・配信できるスマホアプリが登場し、個人配信が拡大。Radiotalk(右)は、20年9月にライブ配信に対応

 さらに、音声メディアの裾野を爆発的に拡大する可能性を秘めているのが、声のライブ配信だ。

 中でも注目なのが、音声ライブ配信の機能が充実する「Spoon」や「stand.fm」。「インスタライブ」など、動画のライブが一般化する中、「ほどよく自分を隠せて“盛る”必要がない音声ライブは配信のハードルがぐんと低く、より幅広い層が参加できる」(Spoon)。Spoonもstand.fmも、配信者がリスナーと一緒にコラボ配信して楽しめるのに加え、リスナーのコメントに配信者が即座に反応するなど、配信者とリスナーの距離が近いのが醍醐味。「まるでSNSのように、交流を楽しむ人が多い」(Spoon)。

Spoon
Spoon
音声ライブ配信が主軸のアプリ。ファン数が10万人超の人気配信者もいる。現状はリスナーからの課金アイテムが配信者の収益源だが、今後は音声広告の導入を予定

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する