待望の点眼薬「ヒアレインS」 2700万人が悩む目の乾きに焦点(画像)

2021年、市販の目薬市場は“真打ち”の点眼薬「ヒアレインS」(参天製薬)で大きく盛り上がるはずだ。医療用の治療薬と同じ成分「ヒアルロン酸ナトリウム」を配合した医薬品で、日経トレンディと日経クロストレンドが選んだ「2021年ヒット予測ランキング」の22位に選出された。

※日経トレンディ2020年12月号の記事を再構成

「ヒアレインS」は、目の乾きに悩む人々が渇望した久々の大型スイッチOTC。涙に流されにくく、瞳に長くとどまるのが特徴
「ヒアレインS」は、目の乾きに悩む人々が渇望した久々の大型スイッチOTC。涙に流されにくく、瞳に長くとどまるのが特徴

前回(第23回)はこちら

【22位】「ヒアレインS」

800億円の目薬市場をさらに潤す待望の点眼薬

 テレワークでパソコンやスマホの画面を凝視する時間が多くなり、目の不調を訴える人が増加。そんな中、「目の乾き」をターゲットにした大型スイッチOTCがついに登場した。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。